Skip to main content
MENU

環境再現実験


環境再現実験

 

私たちの生活の中には、携帯電話、パソコン、ゲーム機、家電、車載機器などさまざまな電子機器が存在します、これらから発生する信号は、ほかの電子機器にとっては予想もしない“ノイズ”になることがあり、そのノイズにより電子機器が誤動作しないことを評価することはとても重要です。
しかし、評価のためにノイズ源となる電子機器や環境をすべて揃えるのは、費用・人・時間の面でとても負担が多く、また揃えたとしても安定してノイズを発生させるのは難しいことです。
MS2690A/MS2691A/MS2692Aでは、ノイズを一度「記録=キャプチャ」して、それを内蔵のベクトル信号発生器から「再生」することで、実験室でノイズ環境を擬似的に再現した検証を行うことができます。

 


現代社会に飛び交うノイズや電波をキャッチ

携帯電話やパソコンをはじめとしたさまざまな電子機器から発生する電波やノイズ。
その電波やノイズが私たちに与える影響を調べるためには、その場所の状況を記録する必要があります。

現代社会に飛び交うノイズや電波をキャッチ
  • 大容量波形メモリ(128Msample)を内蔵
    500ms~2000s(設定による)のデータを記録できます。
  • オプションのインターフェースにより外部HDDに、最長4時間(設定による)の連続データを記録できます。
  • 長時間記録が可能なので、環境状態の記録に適しています。
    また、無人でのデータ記録にも利用できます。

 


キャッチした信号の解析と再現を容易に実現

記録した信号が私たちに与える影響を調べるためには、いろいろな角度から波形解析を実施する必要があります。
これにより、どのような信号が存在しているかを把握できます。
また、記録した信号を出力することで、実験室でも再現実験が可能になります。

キャッチした信号の解析と再現を容易に実現

 

記録したデータは、内蔵HDDに保存されるため、あとからゆっくり解析ができます。
また、記録データは別のMS269xAでも読み込めるため、離れた場所にもMS269xAがあれば、データを移動するだけで再現できます。
Windows XPベースの測定器のため、データ移動はパソコンのデータと同じように簡単にできます。

 

キャッチした信号の解析と再現を容易に実現

オプションの信号発生器を内蔵すると、記録したデータを変換 して信号発生器から出力できます。
これを利用すると、記録し た場所と同じ信号環境を実験室でも再現できます。

記録したデータを出力

記録したデータを出力するための変換は、付属のソフトウエアで 簡単にできます。
MS269xAなら本体がWindows XP上で動作 しているため、PC不要で変換できます。

 


ソリューションの特長

■高分解能
MS2690A/MS2691A/MS2692A-004広帯域解析ハードウェアを内蔵することにより、サンプリングレート200MHz max,分解能5nsを実現しています。急峻なノイズのキャプチャをサポートします。

■キャプチャデータの切り出しが可能
最大取込時間でまとめて信号をキャプチャした後、必要な時間だけを切り出してハードディスクに保存できます。最大取込時間ではファイルサイズが大容量になりますが、必要な部分だけ(ノイズが発生した部分だけ)であれば保存スペースを節約できます。また、PCでベクトル信号発生器の波形パターンにする際にも処理スピードが速くなります。

■オールインワン
ノイズのキャプチャ&再生を行う場合、一般的には「プリアンプ」「アナライザ」「信号発生器」「PC(波形パターン生成用)」などが必要になります。MS2690A/MS2691A/MS2692Aは、これらの機能をすべて内蔵できるため、機器の用意など煩雑な作業がなくなり作業性も向上します。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。