Skip to main content
MENU

簡易放射妨害測定


簡易放射妨害測定

 

近年、電子機器が出す高周波ノイズが周辺環境に障害を与えてしまうという問題が多く発生しています。たとえば、旅客機内の電子機器使用制限、病院内の携帯電話使用制限、あるいは家庭でのテレビの電波障害などに見られるように、これらの 問題は身近な生活に影響を及ぼします。そのため各国で、各種機器に対しての規制が厳しくなってきています。(VCCI、FCC、CISPR、EN、AS/NZSなど)

(例)
誤作動 ・・・・・・・・・・・・・・・・・車のエンジン停止、コンピュータ誤作動によるシステム障害など
電波障害 ・・・・・・・・・・・・・・・TV画像の乱れ、ラジオ音声へのノイズ混入など
人への影響 ・・・・・・・・・・・・・人体、人体補助装置への影響など

 

目に見えない影響は多く存在すると考えられていて、これはほんの一例です。日々、規制や規格が見直されているのが実情です。MS2830Aスペクトラムアナライザ(シグナルアナライザ)は、放射妨害波が出ていないかを簡単に測定できます。どの周波数が出ているかがわかれば原因の推測も楽になります。

放射妨害波簡易測定

 

MS2830Aは、お求め安い価格で高速掃引・広ダイナミックレンジを実現。MS2830Aなら、たまに現れるノイズもすばやくキャッチ、つかんだノイズも離しません。(Max Hold機能)

放射妨害波簡易測定

 


ソリューションの特長

■高速掃引
MS2830Aスペクトラムアナライザ/シグナルアナライザは、当社従来機に比べて掃引が早いため出たり出なかったりするノイズも目視できます。

■低レベルまで測定可能
平均雑音レベル性能が良いため低い信号でも逃さずキャッチします。ケーブルや高周波プローブで接触できないところでも信号の有無が容易に確認できます。

■放射妨害波を測定するコストを低減
高いサイト料金を払う前に事前に放射妨害波の有無を確認しておけばサイトでの試験が一回で済みます。MS2830Aは高性能の測定をお求めやすい価格で実現できます。

形名
形名 説明 概要
MS2830A スペクトラムアナライザ/シグナルアナライザ 9kHz~3.6GHz
MH648A 前置増幅器 100kHz~1.21GHz、30dB(公称値)
MA2601A EMIプローブ 5MHz~1000MHz
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。