Skip to main content
MENU

非線形特性


非線形特性

 

通信システムに使われる高電力デバイスは飽和状態において高いPAR(Peak-to-Average Ratio)を保って信号の増幅を行います。
高いPARのパワーアンプは性能を最適化するために、実際の動作状態での測定が必要となります。非線形のベクトルネットワークアナライザ(VNA)はこれらの通信用デバイスの測定を行うことができます。

 

非線形特性
 


ソリューションの特長
  • VectorStarにてタイムドメイン解析の波形を取り込みます。
  • 低損失カップラはDUTに対して高いガンマ(Γ)を供給できます(0.05 dB @ 2 GHz)。
  • このシステムによりロードプルチューナのインピーダンス(Γ)をリアルタイムで測定可能です(チューナの校正は必要ありません)。
  • どんなチューナでも使用可能。設定の再現性が悪くても都度測定により補正できます。
  • 最適なDUT性能を簡単に調整可能でロードインピーダンスも同時に読み込めます。

 


システム構成

MS4640A ベクトルネットワークアナライザ

  • VNA受信器の高速測定手順によりロードプル測定のリアルタイム調整を可能にしています。
  • スイッチユニットは自動的に複数の波形の方向を制御します。
  • 低損失カップラはチューナの校正無しにリアルタイムでの測定を可能にします。
  • 現状の手動又は自動のパッシブチューナと互換性があります。
  • オプションで数Ω程度のロードプル用にアクティブループチューナを使用できます。

 

■MMSNT_LP-RTTソフトウェア

  • 校正、散乱特性(Sパラメータ)およびロードプル測定を行います。
  • 各種校正( TRL/LRL, LRM 他)
  • 高度な測定
       ・ロード及びソース反射係数(全ての高調波)
       ・タイムドメイン波形解析
       ・その他

■Low Lessカップラ


■Testset

 

ベクトルネットワークアナライザ MS4640A シリーズの製品情報はこちら
 

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。