Skip to main content
MENU

IP マルチキャストネットワークの検証・評価

IP マルチキャストネットワークの検証・評価

 

ブロードバンドネットワークの普及にともない、IPネットワークを使ったサービスも新たな時代を迎えようとしています。その中でも、IP-TVなどの放送系サービスの分野から、IP マルチキャスト技術に注目が集っています。

MD1230B、MP1590Bは、イーサネットモジュールオプション MU120131A/132Aを搭載することにより、マルチキャストサービスの品質評価に使用可能な汎用IPテスタになります。

 

IP-TVでは、チャネル切り替え(ザッピング)が頻繁に行われた場合、ルータやネットワークに非常に高い負荷がかかります。
ザッピングに対する検証は、マルチキャストサービスの品質を検証・評価する上で、重要な項目です。
マルチキャストネットワーク
図1 マルチキャストサービス

 

IPv4/IPv6マルチキャストに対応
IGMPv3/MLDv2に対応
複数の仮想ホストとして動作させることが可能なため、従来のように大量の端末を用意することなく、コストを抑えた検証が可能
仮想ホストの増減やチャネル変更を自動化することが可能なため、実環境では意図的に作り出すことが難しい高負荷状態を簡単に作ることが可能

 

MD1230B、MP1590Bは、以下の3つの機能を使用してマルチキャストサービスの品質を検証・評価できます。
マルチキャスト ストリーム発生機能

複数チャンネル(複数マルチキャストアドレス)のストリームを発生できます。
マルチキャスト ストリーム発生機能

図2 マルチキャスト ストリーム発生機能

 

マルチフローモニタ機能 & キャプチャデコード機能

チャンネルごと(マルチキャストアドレスごと)のフローを同時にモニタできます。
マルチキャスト フローモニタ機能

図3 マルチキャスト フローモニタ機能

 

キャプチャしたパケットの翻訳表示ができます。(マルチキャストプロトコルに対応)

マルチキャスト キャプチャデコード機能

図4 マルチキャスト キャプチャデコード機能

 

IGMP/MLDホスト エミュレーション機能*

複数のホストをエミュレートできます。Join(参加)/Leave(離脱)を実行し、チャンネル切り替え(ザッピング)負荷を発生できます。
*: MLDホストエミュレーションは、IPv6拡張オプションが必要です。
IGMP/MLDホスト エミュレーション機能

図5 IGMP/MLDホスト エミュレーション機能

 

チャネル切り替え(ザッピング)による高負荷環境下でのパフォーマンスを検証・評価できます。

 

切り替え時間測定

チャネルを変えてから映像が配信されるまでの時間を測定できます。
チャネルの切り替え時間測定

図6 チャネルの切り替え時間測定

 

遅延時間測定

ザッピングによる高負荷状態での遅延時間を測定できます。
遅延時間測定

図7 遅延時間測定

 

QoS検証

パケットロスに対する保証を確認できます。
QoS検証

図8 QoS検証

 

 

MD1230B、MP1590Bは、サーバ、およびサーバに接続されるホストを模擬することにより、マルチキャストネットワークを運用開始前に検証・評価できます。従来では、大量の機器と人的リソースが必要であった検証作業を低コストで短時間にこなすことができ、サービス品質の向上に役立ちます。

構成 本体: MD1230B、MP1590B (ソフトウェアバージョン: Ver 7.0以上)
プラグイン モジュール: MU120131A または MU120132A
プロトコル IPv4: IGMPv2、IGMPv3
IPv6*: MLDv1、MLDv2
ホストエミュレーション 仮想ホスト数:
最大2000(IGMPv2/MLDv1)
最大200(IGMPv3/MLDv2)
*: IPv6の場合、IPv6拡張オプションが必要です。
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。