Skip to main content
MENU

新電波法対応、高速スプリアス測定可能なコンパクトスペクトラムアナライザ

新電波法の改定はご存知ですか?

新電波法の改定でスプリアスに関する測定方法が変わりました。

特にF3E(アナログFM方式)をはじめとする狭帯域通信方式(デジタル含む)の無線機器において、従来の測定設備が技術基準適合証明(技適)や登録点検等に使用できない可能性があります。

※詳しくは総務省ホームページをご覧ください。

平成17年12月 電波法 無線設備のスプリアス発射強度の許容値の改正
平成17年12月 経過措置期間
平成19年11月
平成19年12月 新スプリアス規定の全面適用
注) 平成19年11月30日以前に製造され、型式検定を受けている無線設備については平成29年まで旧規定を延長適用することができます。
平成19年11月30日以降に製造された無線設備の認定登録業務については全面的に新スプリアス規定が準用されます。

 

新電波法スプリアス測定の概要

新電波法スプリアス測定の概要

 

これまで使用していたスペクトラムアナライザで測定できますか?

スペクトラムアナライザ選定上の注意点

表1、表2は新電波法に準じたスプリアス測定を行う上で必要なスペクトラムアナライザの性能です。

ご使用のスペクトラムアナライザが性能を満足しているか、ご確認下さい。

スペクトラムアナライザの性能と無線機の搬送波周波数ごとのスプリアス測定周波数範囲

 

新旧スペクトラムアナライザによる波形比較

高純度CW入力状態における帯域外領域の測定例です。

高純度CW入力状態における波形比較 (帯域外領域の測定例)

 

新電波法に対応したスペクトラムアナライザのご紹介

お使いのスペアナ、新電波法への対応はお済みですか?

新電波法に対応し、かつ低価格で卓越した性能と操作性を備えたスペクトラムアナライザをご紹介します。

  • 周波数範囲:9kHz~7.1GHz
  • 優れた平均雑音レベル:-160dBm/Hzの感度
  • 優れたSSB位相雑音:-105dBc/Hz, 1kHz offset
  • 高確度パワーセンサ (オプション)

コンパクト・スペクトラム・アナライザ MS2721B
コンパクト・スペクトラム・アナライザ
MS2721B

 

TELEC-T208 (F3E等) 無線設備規則に幅広く対応

F2A,F2B,F2C,F2D,F2N,F2X,F3E電波を使用する単一通信路の陸上移動局又は携帯局に使用するための無線設備

TELEC-T208 (F3E等) 無線設備規

 

新スプリアス特性試験(F3E等)のご提案(PDF)

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。