Skip to main content
MENU

W-CDMA端末RFモジュールのBER/BLER測定アプリケーション

 

概要

W-CDMA端末のRFモジュールの評価はこれまで、個々のデバイスごとにNF測定、歪み測定等を個別に評価していました。
しかし、近年、端末の多機能化にともなって、RF部の小型化・低電力化が強く求められています。そのため、RFデバイスの複合化が進んでおり、デバイスを個別に評価することが難しくなってきています。
一方、RF部単体でBERを評価するためには、従来のPCでのシミュレートでは相当の時間を要していました。
今回アンリツがご提案するW-CDMA端末RFモジュールのBER/BLER測定アプリケーションによって、複合化されたRF部を「一括で」「リアルタイム」に測定することが可能となりました。

 

測定系の構成

アンリツ送信機テスタ(MS8608A/MS8609A)に復調ユニット(MU860820A/MU860920A)を組み込むとともに、W-CDMA BER/BLER測定ソフトウェアをインストールします。
また、W-CDMA BER/BLER測定ソフトウェア用の波形データをベクトル信号発生器 MG3700Aにインストールすることで、評価用信号を出力します。

 

接続図

 

評価用波形データ

3GPP TS25.101
A.3.1 DL reference measurement channel(12.2 kbps)
3GPP TS25.101
A.3.2 DL reference measurement channel(64 kbps)
3GPP TS25.101
A.3.3 DL reference measurement channel(144 kbps)
3GPP TS25.101
A.3.4 DL reference measurement channel(384 kbps)
6.2 受信感度試験用
6.3 最大入力レベル試験用
 ←(送信機テスタでは12.2kbpsに設定して測定)

 

端末試験項目(受信系)

Rf部単体試験項目として、性能試験(6章)と機能試験(7章)の7.2に対応しています。
(マルチパスフェージング環境下での試験項目については、ベースバンド部の性能が関係するため、対応しておりません。)

TS 34.121
V3.0.1Terminal Conformance Specification測定機能リアルタイムBER
対応項目

6Receiver Test  
6.2Reference Sensitivity LevelBER
6.3Maximum Input LevelBER
6.4Adjacent Channel Selectivity(ACS)BER
6.5Blocking CharacteristicsBER
6.6Spurious ResponseBER
6.7Intermodulation CharacteristicsBER
6.8Spurious EmissionsSpectrumモジュールで不必要
7Performance Requirement  
7.2Demodulation in Static Propagation ConditionsBLER
7.3Demodulation of DCH in Multi-path Fading Propagation ConditionsBLER×
7.4Demodulation of DCH in Moving Propagation ConditionsBLER×
7.5Demodulation of DCH in Birth-death Propagation ConditionsBLER×
7.6Demodulation in of DCH in Base Station Transmit Diversity Mode  
7.6.1Demodulation of DCH in Open-loop Transmit Diversity ModeBLER×
7.6.2Demodulation of DCH in Closed Loop Transmit Diversity ModeBLER×
7.6.3Demodulation of DCH in Site Selection Diversity Transmission ModeBLER×
7.7Demodulation in Handover Conditions  
7.7.1Inter-Cell Soft Handover PerformanceBLER×
7.8Inner Loop Power Control in DownlinkBLER×
7.9Outer Loop Power Control in Downlink ×
7.10Downlink Compressed Mode  

×

 

受信測定 測定系の概要

 

ダウンリンク

6.2 受信感度、6.3 最大入力レベル
信号発生器の出力レベルをモジュールの受信感度レベル (6.3) 最大入力レベル(6.4)に設定して試験します。

 

6.4 隣接チャネル選択度、6.5 ブロッキング特性、6.6 スプリアスレスポンス
他信号発生器より妨害波を混合させてモジュールの隣接チャネル選択度やブロッキング性能を試験します。

 

6.7 相互変調特性
他信号発生器より妨害波を混合させてモジュールの相互変調による感度悪化を試験します。

 

7.2 パフォーマンス試験
他信号発生器よりAWGNを混合させてBLERを測定することで、モジュールのパフォーマンス試験を実現しました。

 

端末試験項目(送信系)
既存のMX860x01B W-CDMA測定ソフトウェアを用いて測定します。
(W-CDMA BER/BLERソフトウェア、復調ユニットは使用しません)

TS 34.121
V3.0.1Terminal Conformance Specification測定機能MX860x01B
対応項目

5Transmitter Test  
5.2Maximum Output PowerPower Level
5.3Frequency Stability FrequencyFrequency
5.4Output Power Dynamics in the Uplink  
5.4.1Open Loop Power Control in the UplinkPower Level
5.4.2Inner Loop Power Control in the UplinkPower Level
5.4.3Minimum Output PowerPower Level
5.5Transmit ON/OFF Power  
5.5.1Transmit OFF PowerPower Level
5.5.2Transmit ON/OFF Time MaskPower Level
5.6Change of TFCPower Level
5.7Power Setting in Uplink Compressd ModePower Level
5.8Occupied BandwidthSpectrum
5.9Spectrum Emission MaskSpectrum
5.10Adjacent Channel Leakage Power Ratio (ACLR)Spectrum
5.11Spurious EmissionsSpectrum
5.12Transmit IntermodulationSpectrum 
5.13Transmit Modulation  
5.13.1Modulation AccuracyEVM
5.13.2Peak Code Domain ErrorPCDE

 

アップリンク

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。