Skip to main content
MENU

新スプリアス法対応 高速・高性能・低価格スペクトラムアナライザ


新スプリアス法対応 高速・高性能・低価格スペクトラムアナライザ

新スプリアス対応のスペクトラムアナライザは高価すぎてなかなか手が出せないと悩んでいませんか?
そんなニーズにがお応えします!

経過措置の終了に伴い2007年12月から新スプリアス規定の全面適用が始まっています。
(無線設備のスプリアス発射の強度の許容値(総務省ウェブサイト))

新スプリアス規定ではF3E(アナログFM方式)をはじめとする狭帯域通信の帯域外スプリアス、近傍スプリアスの規格値が極めて厳しいため、今までは500万円を超える高価な高性能スペアナでのみ測定が可能でした。

新スプリアス規定

 

シグナルアナライザMS2830A(低位相雑音オプション付き)は、低価格(158万円~)ながらF3Eなどの帯域外/近傍スプリアスの全条件を高速に測定できます。
F3Eなどの狭帯域通信無線機の開発から製造における大幅なコスト低減および生産効率の向上に貢献します。

 

低価格・高速・高性能なシグナルアナライザMS2830A

 

  • F3E等の帯域外/近傍スプリアスを全条件で測定可能
    • 最も規格が厳しい近傍スプリアスをTELEC準拠の測定方法で実現
    • SSB位相雑音性能:-114dBc/Hz(実測値) @1kHz offset
  • 帯域外/近傍スプリアスを高速に測定  684ms (RBW: 30Hz, SPAN: 125kHz時)
  • 低価格 158万円~
  • RCR STD-39, ARIB STD-T61, T79, T98などの狭帯域デジタル信号の変調解析にも対応

 

(詳しい情報はこちらから)

新スプリアス特性試験(F3E等)のご提案(PDF)

シグナルアナライザMS2830A 製品情報

電話でのお問合せはこちらから

ウェブでのお問合せはこちらから

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。