Skip to main content
MENU

10Gネットワーク CPRI/OBSAIネットワークの開通、検証

小さなサイズ 大きなメリット All in One Easy to use 10G

CPRI 開通検証(フィールド)

フィールドでは、REC-RE間は、光ファイバを介して接続されますが、光ファイバの接続には、コネクタ接続、メカニカルスプライス接続など、さまざまな接続形態があります。これらの接続箇所では、光信号の反射が発生します。

1.2288 Gbit/sでは問題なかった回線のデータレートが高くなると、この反射の影響が問題となる場合がでてきます。これは、データレートが高くなると、1ビット幅が小さくなり、反射の影響がより大きくなるためです。反射減衰量の測定やBER測定、遅延測定、リンク検証など、光ファイバ開通時に測定の必要性もでてきます。

開通評価に必要な測定項目 ビットレート(Gbit/s)
0.6144 1.2288 2.4576 4.9152 9.8304
光信号損失
反射減衰量
BER測定
遅延測定
リンク検証

①反射減衰量の測定

MT1000A OTDRのFiber Visualizer自動測定画面で、反射減衰量および全反射減衰量を評価できます。
また、1回に複数のパルス幅を用いて測定することで、モバイルフロントホールの複雑な光回線の反射減衰量も評価できます。

反射減衰量の測定

②BER測定

MT1000A/MT1100AのCPRIオプション機能を使用すると、BER(Bit Error Rate)測定により、回線品質の測定ができます。

③遅延時間測定

MT1000A/MT1100AのCPRIオプション機能を使用すると、CPRIフレームを使用して、光ファイバの実遅延の測定ができます。

④リンク検証

MT1000A/MT1100AのCPRIオプション機能を使用すると、RECあるいは、REとリンク接続検証ができます。

⑤回線モニタ

MT1000A/MT1100AのCPRIオプション機能を使用すると、問題発生時の原因解析のために、双方向(上り下り)のエラー、アラームモニタができます。またMT1000Aは、専用モジュールMU100040Bを実装することで、スペクトログラムやスペクトラムからCPRI通信中のIQデータを確認できます。

スペクトログラム
スペクトログラム
スペクトラム
スペクトラム

form.jpg

ネットワークマスタ プロ MT1000Aについてさらに詳しく

ネットワークマスタシリーズ関連ソリューション

100G/25Gインタフェースモジュール
モバイルネットワーク評価
CPRI/OBSAIネットワークの開通、検証
⇒ 10Gネットワーク CPRI/OBSAIネットワークの開通、検証
 
 

関連リンク

光通信ネットワークの全体像からエリアごとに、わかりやすく記載したリーフレットなど、資料をご用意しています。

小さなサイズ 大きなメリット 業界最小クラス100Gネットワークテスタ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。