Skip to main content
MENU

光モジュール評価


光モジュール評価

 

■送受同時測定

電気と光のインタフェースに対応しているため、光モジュールの送受同時評価が1台ででき、測定時間の短縮に貢献できます。

 

■高速リモート試験

リモートハイスピードモードの採用により、複数のコマンドを一括処理するミックスリモート機能や、BER測定結果を10 ms単位で取得できるため、今までの測定系と比べて測定時間を2/3に短縮します。

 

■高速マスク試験

高速サンプリングの実現により、約12秒*という短時間でアイ マスクテストが実行できるため、測定時間の短縮に貢献します。

*ビットレート:10.3125 Gbit/s、Testパターン:PRBS 31、Back-to-Back時に100万サンプル取得したときの代表値

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。