Skip to main content
MENU

V-Low/V-High の送受信評価の基準信号源に

MainV-LowHigh.jpg

ベクトル信号発生器 MG3710AにISDB-Tmm波形パターン MX370084AをインストールすることによりARIB-STD-B46で規定されている放送信号を出力できます。ISDB-Tmm波形パターンに加え、2014年9月にISDB-TSB波形パターンを追加しました。

マルチメディア放送とは
アナログテレビのデジタル化により利用可能となったVHF帯の周波数を用いた、主に移動体端末向けの放送。

 

feature.jpg

V-High、V-Lowをサポート
ISDB-Tmm波形パターン MX370084AにはISDB-Tmm(V-High、33セグ)、ISDB-TSB(V-Low、9セグ)の波形パターンが含まれます。

すぐれたRF性能
MER > 55 dB*(実測例@101.285714 MHz、ISDB-TSB)のRF性能を備えています。
*: ベースバンド信号加算機能によりキャリアリークを避けた設定の場合

波形パターンを選ぶだけの簡単操作
代表的なパラメータを持つ波形パターンをセットでご用意しています。波形パターンを選択するだけで信号を切り替えることができます。これらの波形パターンには誤り訂正処理が行われており受信評価に使用できます。

隣接波や遅延波の干渉評価に:ベースバンド信号加算オプション(Opt.048)
1つのRF出力に対して2つの波形メモリを搭載することで、2つの信号を内部で加算してから出力できます。周波数オフセット、レベルオフセット、遅延時間を画面で設定するだけで、希望波+隣接波、希望波+遅延波の信号状態を容易に準備して評価に使えます。

 

fig11.jpg

 

fig2.jpg

 

MG3710A設定例:ISDB-TSB × 1信号

  MG3710A設定例:ISDB-TSB × 1信号
(クリックで拡大)

 

MG3710A設定例:ISDB-TSB × 2信号(希望波+遅延波の例)

  MG3710A設定例:ISDB-TSB × 2信号(希望波+遅延波の例)
(クリックで拡大)



 ベクトル信号発生器 MG3710Aについてさらに詳しく
   製品詳細ページを見る
   製品カタログを見る(PDFをダウンロード)
   製品紹介資料「ISDB-Tmm波形パターン MX370084A」を見る(PDFをダウンロード)

 

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。