Skip to main content
MENU

アンリツとテレダイン・レクロイ・ジャパンが光通信用計測器で協業

アンリツとテレダイン・レクロイ・ジャパンが光通信用計測器で協業

アンリツ製品の特長

シグナルクオリティアナライザ MP1800Aは、プラグインモジュール形式のビットエラーレートテスタ(BERT)です。

シグナルクオリティアナライザ MP1800A
シグナルクオリティアナライザ
MP1800A
  • 広帯域 0.1 Gbit/s~32.1 Gbit/s
  • PPG出力波形:RMSジッタ700fs rms
  • CEI対応 32.1 Gbit/s ジッタトレランス試験が可能
    1 UI(fm = 250 MHz)大振幅 SJ
    RJ、BUJ、SSC、2-tone SJ
    ハーフピリオドジッタ(Even/Odd Jitter)
  • EDのEyeAmplitude感度:15mVpp(typ.)
    EDのEyeHeght感度:10mVpp(typ.)
  • 32.1 Gboud 4PAM/8PAM 信号発生
  • 4PAM BER測定
  • 32.1 Gbit/s クロックリカバリ

テレダイン・レクロイ・ジャパン製品の特長

LabMaster10Zi-Aシリーズは最高100GHz, 240GS/Sの世界最広帯域のパフォーマンスを有するリアルタイムオシロスコープです。

LabMaster10Zi-Aシリーズ
モジュール型・オシロスコープ・システム
LabMaster10Zi-Aシリーズ
【テレダイン・レクロイ・ジャパン(株)へのリンク】
  • 最高100 GHzの帯域幅
  • 最高80 Channels @ 36 GHzのチャンネル数
  • 最高240 GS/sのサンプリング速度
  • 1024 Mpts/Ch
  • 50fs rms サンプルクロック

トータルソリューションが実現する新たなパフォーマンス

ジッタが少ない高品質な波形を出力できるアンリツMP1800Aと、広帯域なリアルタイムオシロであるテレダイン・レクロイLabMaster10Zi-Aシリーズを使うと測定対象デバイスの真の実力(どういう波形を出力しているか)を評価することができます。



  • MP1800Aのジッタ付加機能を使うと、ジッタ耐力試験(ジッタトレランス)も可能
  • MP1800AからPAM4波形を出力し、 LabMaster10Zi-AシリーズでPAM4信号解析も可能
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。