Skip to main content
MENU

100 Gbps コア・メトロネットワークの開通・保守に1台で対応:MT1100A

All-in-one  
  1.5 Mbps~100 GbpsまでのOTN、SDH/SONET/PDH/DSn、イーサネット、ファイバチャネルに対応
  3種類の測定モジュールをラインナップ

   
パネルレイアウト
パネルレイアウト
  測定モジュールラインナップ
測定モジュールラインナップ
   


    電源モジュールは、バッテリ/AC電源モジュール MU110001A、AC大容量電源モジュール MU110002Aから選択できます。
MU110001A バッテリ/AC電源モジュールを使用し、測定モジュールを2枚実装する場合は、実装制約があります。

   
電源モジュール対応表
電源モジュール対応表
       

  全レートで2ポート同時測定(測定モジュールを1枚使用時)または4ポート同時測定(測定モジュールを2モジュール使用時)ができ、現場作業時間の短縮

OTN flex Mapping  
  OTU4、OTU3/3e1/3e2、OTU2/2e/2f、OTU1/1e/1f、加えてODU0、ODUflexをサポート
  イーサネット、SDH/SONET、ファイバチャネルのクライアント信号を載せ、実信号での評価が可能
  マルチステージマッピングをサポート

Easy-to-use   簡単操作
  わかりやすい直感的なグラフィカルユーザインタフェースを実装
  12.1インチのタッチパネルを採用し、大きな文字表示でわかりやすい操作
  バッテリ動作可能(MU110001Aバッテリ/AC電源モジュールを使用時)
  マルチ言語対応(日本語、英語、中国語)で作業者に合わせて切り替え可能
  測定結果はPDFファイルに変換でき、BluetoothあるいはUSBメモリを使用して取り出し可能
簡単運用
  リモート操作で、現場作業員をサポート可能
  LINUX OSを採用していますので、ウイルスなどのセキュリティリスクが低く、OSのアップデートなどのメンテナンスも不要
  起動が速く、作業の効率Upに貢献
  ハードディスクは使用していませんので、現場作業で安心して使用可能


OTNメトロネットワークおよびコアネットワークの建設、保守
キャリアクラスイーサネットの建設、保守
モバイルバックホールの建設、保守
SDH/SONET、PDH/DSnネットワークの建設、保守
リモート操作
   




  OTNメトロネットワークおよびコアネットワークの建設・保守

OTU4、OTU3/3e1/3e2、OTU2/2e/2f、OTU1/1e/1fをサポート

建設

MT1100AはさまざまなOTNマッピングに対応し、OTN回線の建設検証をサポートします。

OTU1、OTU2xマッピング(MU110010A)   OTU1、OTU2xマッピング(MU110011A)   OTU3マッピング(MU110011A/12A)   OTU4マッピング(MU110011A/12A)
OTU1、OTU2xマッピング(MU110010A)   OTU1、OTU2xマッピング(MU110011A)   OTU3マッピング(MU110011A/12A)   OTU4マッピング(MU110011A/12A)

MT1100Aは試験ポートを2ポート実装でき、各ポート独立で測定が可能なため、検証時間の短縮を実現できます。
機能:BER測定、RDT(Round-Trip Delay)測定、APS(Automatic Protection Switching)測定



● 100G開通試験の10Gx10ポート評価

100Gのクライアント側では、10G x 10ポートの試験が必要です。通常、5ポートをタンデム接続し、測定を行います。
MT1100A(MU110010AまたはMU110011A)を使用すると、1モジュールあたり、10G 2ポート同時試験を行えるので、10ポートの試験を1回の測定で行うことができ、開通試験時間を半分に削減できます。

100G開通試験の10Gx10ポート評価


● 100G 0系、1系の同時開通試験

MT1100A(MU110012A)は、100G 2ポート同時試験が可能なため、0系、1系あるいは上り下りの回線を同時に測定でき、開通試験時間を半分に削減できます。

100G 0系、1系の同時開通試験


● システム評価、装置検証

システム評価、装置検証では、2ポート試験が必要になります。MT1100Aは、2ポート実装(40G/100Gの場合は、MU110012A。10G以下の場合は、MU110010A)していますので、RFC2544を用い、ルータを介した性能評価を行えます。

システム評価、装置検証

 

保守

MT1100Aは試験ポートを2ポート実装でき、上り下りの双方向のアラームを同時に解析できます。



● 問題発生時の問題特定調査

MT1100Aは、2ポート(上り下り)のトラフィックを同時にモニタ、キャプチャが可能(40G/100Gの場合は、MU110012A。10G以下の場合は、MU110010A)です。キャプチャデータはアドインされたWiresharkアプリにて解析を行うことにより、開通試験用途だけでなく、保守用途でも有効に使用できます。

問題発生時の問題特定調査

  ▲ページ先頭へ
 




  キャリアクラスイーサネットの建設、保守

10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T、100BASE-FX(光)、1000BASE-XX(光)、10GBASE-XX(光)、40GigE、100GigEをサポートし、MAC、IPv4/v6、TCP/UDPのレイヤ2~4の評価ができます。
また、キャリアクラスのイーサネット技術 多段VLAN(MAX 8段)、MPLS(MAX 8段)、MPLS-TP、PBB、シンクイーサネット、イーサネットOAMをサポートしています。

建設

建設区間の対向試験で、パケット送受し、パターンエラー(BER)、シーケンスエラー、フレームロス、サービス中断時間、パケットジッタ、スループット、受信フレーム数、エラー数の測定ができます。
また、RFC2544試験機能を使用すると、対向するMT1100Aと設定情報をやり取りしながら、スループットなどの測定ができます。


建設対向画面

 

MT1100Aは試験ポートを2ポート実装でき、各ポート独立で測定ができるので、検証時間の短縮を実現できます。



● 100G開通試験の10Gx10ポート評価

100Gのクライアント側では、10G x 10ポートの試験が必要です。通常、5ポートをタンデム接続し、測定を行います。
MT1100A(MU110010AまたはMU110011A)を使用すると、1モジュールあたり、10G 2ポート同時試験を行えるので、10ポートの試験を1回の測定ででき、開通試験時間を半分に削減できます。

100G開通試験の10Gx10ポート評価


● 100G 0系、1系の同時開通試験

MT1100A(MU110012A)は、100G 2ポート同時試験が可能なため、0系、1系あるいは上り下りの回線を同時に測定でき、開通試験時間を半分に削減できます。

100G 0系、1系の同時開通試験


● システム評価、装置検証

システム評価、装置検証では、2ポート試験が必要になります。MT1100Aは、2ポート実装(40G/100Gの場合は、MU110012A。10G以下の場合は、MU110010A)していますので、RFC2544を用い、ルータを介した性能評価を行えます。

システム評価、装置検証

 

● 接続性確認

Ping、Traceroute、10/100/1000M 電気インタフェースのRJ45のケーブル試験により、接続性の確認ができます。

 

保守

障害発生時、原因調査のため、回線の間にパススルーモード(10G インタフェースまで)にて接続し、上り下りのパケットをキャプチャして、Wiresharkアプリにて解析を行えます。


相方向同時キャプチャ解析、スルーモニタ画面、キャプチャ解析画面

  ▲ページ先頭へ
 




  モバイルバックホールの建設、保守

モバイルネットワークでは、周波数同期、位相同期を行う必要があり、周波数同期は、シンクロナスイーサネット技術、位相同期は、IEEE1588v2(PTP)にて実現する方法が検討されています。
MT1100Aでは、シンクロナスイーサネット、およびIEEE1588v2をサポート(10G以下)していますので、周波数同期、位相同期の検証ができます(MU110010A、MU110011A使用時)。


  ▲ページ先頭へ
 




  SDH/SONET、PDH/DSnネットワークの建設、保守

STM-1e/1/4/16/64/256、STS-3/OC-3/12/48/192/768、E1/3/4、DS1/3をサポートしています。

建設

MT1100Aは試験ポートを2ポート実装でき、各ポート独立で測定が可能なため、検証時間の短縮を実現できます。
機能:BER測定、RTD(Round-Trip Delay)測定、APS(Automatic Protection Switching)測定



● 100G開通試験の10Gx10ポート評価

100Gのクライアント側では、10G x 10ポートの試験が必要です。通常、5ポートをタンデム接続し、測定を行います。
MT1100A(MU110010AまたはMU110011A)を使用すると、1モジュールあたり、10G 2ポート同時試験を行えるので、10ポートの試験を1回の測定で行うことができ、開通試験時間を半分に削減できます。

100G開通試験の10Gx10ポート評価


● 100G 0系、1系の同時開通試験

MT1100A(MU110012A)は、100G 2ポート同時試験が可能なため、0系、1系あるいは上り下りの回線を同時に測定でき、開通試験時間を半分に削減できます。

100G 0系、1系の同時開通試験


● システム評価、装置検証

システム評価、装置検証では、2ポート試験が必要になります。MT1100Aは、2ポート実装(40G/100Gの場合は、MU110012A。10G以下の場合は、MU110010A)していますので、RFC2544を用い、ルータを介した性能評価を行えます。

システム評価、装置検証

 

保守

MT1100Aは2ポート実装でき、上り下りの双方向のアラームを同時に解析できます。


問題発生時の問題特定調査
  ▲ページ先頭へ
 




  リモート操作

MT1100Aは、VNCサーバを搭載しています。PCにVNCクライアントをインストールすることにより、PCからLANあるいはWLAN経由でMT1100Aを遠隔制御できます。
また、PC上のWebブラウザにJavaをインストールすると、Webブラウザから、遠隔制御できます。
加えて、MT1100Aはリモートコマンドをサポートしているので、自動測定アプリ(例えばExcelマクロ)などにより、遠隔制御できます。



● リモート制御による対向試験

MT1100Aは、VNCサーバ機能を搭載しているため、対向側に設置したMT1100AをPC(VNCクライアントソフトが必要)からリモート制御できます。これにより、1か所で、対向試験ができます。また、Java対応のWebブラウザからでも遠隔制御できます。
また、OSはWindowsではなく、Linux OSを採用しているため、定期的なアップデートなどのメンテナンス管理も不要で、ウイルスなどのセキュリティリスクもありません。

  ▲ページ先頭へ
 
 ネットワークマスタ フレックス MT1100Aについてさらに詳しく
   製品詳細ページを見る
   製品カタログを見る(PDFをダウンロード)
   製品紹介を見る(PDFをダウンロード)
   リーフレットを見る [ネットワークマスタ フレックス MT1100A](PDFをダウンロード)
   リーフレットを見る [100 Gbps 伝送装置 製造効率の向上](PDFをダウンロード)
   リーフレットを見る [400 Gbps ネットワークの研究・開発支援](PDFをダウンロード)
   リーフレットを見る [SDH/SONET、PDH/DSnネットワークの迅速で簡単な試験](PDFをダウンロード)
   リーフレットを見る [キャリアイーサネット回線の開通とトラブルシューティング](PDFをダウンロード)
   リーフレットを見る [コア・メトロネットワークの開通・保守、装置検証を充実したOTN試験機能で強力にサポート](PDFをダウンロード)
   リーフレットを見る [モバイルバックホールの開通と検証](PDFをダウンロード)
   リーフレットを見る [強力なStorage Area Networking(SAN)試験](PDFをダウンロード)
  ▲ページ先頭へ
 
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。