Skip to main content
MENU

シグナルアナライザでの技術適合試験

初めての技術適合試験でお困りのお客様

シグナルアナライザMS2830Aは、用途に合わせて最適な構成で提供できるため、初期投資を抑えつつ、競争力のある製品の製造を実現できます。試験項目が多い送信試験では、リモート制御が可能なPC制御ソフトウェアを無償サンプル提供しており、制御プログラムの内容も公開しています。このソフトウエアは、下記試験項目が簡単に測定できるようにMS2830Aを制御します。
*:技術適合試験:端末機器が電気通信事業法令の技術基準に適合しているかを確認する試験です。総務省令の「端末機器の技術適合認定等に関する規則」により実施される。

シグナルアナライザ MS2830Aの各試験項目への対応一覧

試験項目 TELEC-T245 ARIB STD T108 シグナルアナライザ MS2830A
周波数の偏差
占有周波数帯幅
スプリアス発射または不要発射の強度
空中線電力の偏差
隣接チャネル漏洩電力
副次的に発する電波などの限度
送信時間制限装置
キャリアセンス機能
スペクトラムマスク  
変調精度    

 

● TELEC-T245やARIB STD T108の試験項目が測定可能なPC制御ソフトウェア

各種無線試験項目が簡単に行える自動制御ソフトウェア*1無償で提供しています。
ARIBやTELEC等で規定されている測定項目ごとに、MS2830Aのパラメータ設定、測定結果取得が簡単に行えます。
*1:このソフトウエアは、サンプルであり、各種規格の適合試験に完全準拠しているものではありません。お客様が動作を確認された上で使用していただくようお願いいたします。
TELECの測定項目ごとに、MS2830Aのパラメータ設定、測定結果取得が簡単に行えます。

TELEC-T245やARIB STD T108の試験項目が測定可能なPC制御ソフト

 

● キャリアセンス波形試験

シグナルアナライザ MS2830Aは、信号発生器も内蔵できます。(オプション)
面倒なキャリアセンス用波形データも無償で提供しています。

TS245 ON OFF パターン名称
100 ms 200 ms On 100 ms - Off 200 ms
4 s 100 ms On 4 s - Off 100 ms
400 ms 4 ms On 400 ms - Off 4 ms
100 ms 5 ms On 100 ms - Off 5 ms
4 s 5 ms On 4 s - Off 5 ms
100 ms 128 us On 100 ms - Off 128 us
400 ms 128 us On 400 ms - Off 128 us
128 us 128 us On 128 us - Off 128 us

T-fig23.jpg

 

● 「MX705010A Wi-SUN PHY自動測定ソフトウェア」を販売開始

Wi-SUN PHY自動測定ソフトウェア MX705010Aは、スマートメータで利用されるWi-SUN規格の無線通信モジュールのPHYレイヤにおける送信・受信特性の評価項目を自動で測定できるPC用ソフトウェアです。PCとシグナルアナライザ MS2830Aを接続させて使用します。MX705010Aは、以下の試験をサポートしています。
無線通信モジュールがWi-SUN規格に準拠していることと、技術基準に適合していることの両方を自動で検証でき、設計・評価作業を効率化できます。

  • Wi-SUN PHY 送信試験
  • Wi-SUN PHY 受信試験
  • TELEC T245試験

*:Wi-SUN規格に関連する試験項目に対応

 

 シグナルアナライザ MS2830Aについてさらに詳しく
   製品詳細ページを見る
   製品カタログを見る(PDFをダウンロード)
   製品紹介を見る(PDFをダウンロード)
   リーフレットを見る [920MHz帯テレメータ無線設備の評価試験に](PDFをダウンロード)

 

 Wi-SUN PHY自動測定ソフトウェア MX705010Aについてさらに詳しく
   製品紹介を見る(PDFをダウンロード)

 

 関連リンク
link.jpg    スマートメーターに代表される920MHz帯無線モジュールの評価に
link.jpg    シグナルアナライザでの無線モジュールの変調解析・受信感度試験
link.jpg    シグナルアナライザでの無線機器間の相互接続確認

 

   戻る
各種お問い合わせ、ご依頼はこちら
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。