Skip to main content
MENU

5GHz帯 WLANデバイスのDFS試験(日本の電波法、ETSI、FCC規格)に

5GHz帯 WLANデバイスのDFS試験に 日本の電波法、ETSI、FCC規格をサポート

近年、スマートフォンやタブレット端末などの普及により、WLANのトラフィック量が急激に増加し、その通信混雑の解消や更なる通信の高速化が求められています。このため、特に5GHz帯のWLANにおいて、従来は屋内使用にとどまっていた周波数帯での屋外使用の検討や、高速化のための新たな通信規格の採用や検討が進められるなど、5GHz帯WLANデバイスの開発が活発化しています。

ベクトル信号発生器 MG3710AとDFSレーダパターン(日本の電波法(TELEC)、FCC用) MX370073B、DFS(ETSI)波形パターン MX370075Aにより5GHz帯のWLANデバイスで規定されている日本の電波法(TELEC)、ETSI、FCCの各規格に沿ったDFS試験を行えます。

【対象】
WLAN用アクセスポイント、WLAN子機など

DFS試験
5GHz帯のWLANに関して同じ周波数帯域に気象レーダや船舶用レーダなどがあるため、それらのパルス信号を検出し信号衝突を回避する技術「動的周波数選択(DFS:dynamic frequency selection)」の採用が義務付けられています。


特長

  • 必要なテストパターンはすべて用意
    ETSIだけで約400通りのテストパターンを用意する必要があります。
    DFSレーダパターン(日本の電波法(TELEC)、FCC用) MX370073B/DFS(ETSI)波形パターン MX370075Aは試験に必要な波形パターンをすべて備えているので、試験の準備にかかるお客様の負担を削減します。
  • 波形をロード、選択するだけの簡単操作
    DFS試験に関する知識や試験設備の操作スキルは最小限ですみます。
  • 日本の電波法(TELEC)、ETSI、FCCの各規格に準拠
    主要なDFS試験の規格をカバーします。
    また、日本の電波法規格に追加が検討されている5.3 GHz帯 固体素子レーダ波形パターンもサポートしています。
    *:2018年11月時点での公表情報に基づく
アンリツのベクトル信号発生器MG3710Aおよびスペクトラムアナライザを使用したDSF機能試験ソリューションセットアップ図。

日本の電波法規格用試験信号(MX370073B)

試験項目 周波数帯 試験信号 仕様書項番(TELEC-T403 第12.1版)
キャリアセンス機能② 5.3 GHz 固定パルスレーダ
電波試験信号
別表第1号種別1
別表第1号種別2
キャリアセンス機能③ 5.6 GHz 固定パルスレーダ
電波試験信号
別表第2号種別1
別表第2号種別2
別表第2号種別3
可変パルスレーダ
電波試験信号
別表第2号種別4
別表第2号種別5
別表第2号種別6
チャープレーダ
電波試験信号
別表第3号種別1
周波数ホッピングレーダ
電波試験信号
別表第4号種別1
(ホッピング周波数帯域=20 MHz、40 MHz、80 MHz、160 MHz)

日本の電波法規格用試験信号(MX370073B)

試験項目 周波数帯 試験信号
キャリアセンス機能 5.3 GHz 総務省・陸上無線通信委員会(5 GHz帯無線LAN作業班)から公表された仕様に基づく20パターン(2018年11月時点)

FCC用試験信号(MX370073B)<FCC 06-96(Released:June 30, 2006)、FCC 13-22(Released:February 20, 2013)>

試験項目 Radar Type 試験信号 仕様書項番
Short Pulse Radar 0 固定パルスレーダ
電波試験信号
6.1
1 固定パルスレーダ
電波試験信号
6.1
2 可変パルスレーダ
電波試験信号
6.1
3 可変パルスレーダ
電波試験信号
6.1
4 可変パルスレーダ
電波試験信号
6.1
Long Pulse Radar 5 チャープレーダ
電波試験信号
6.2
Frequency Hopping Radar 6 周波数ホッピングレーダ
電波試験信号
6.3
(ホッピング周波数帯域=20 MHz、40 MHz、80 MHz、160 MHz)

ETSI用試験信号(MX370075A)<ETSI EN 301 893 V2.1.1>

試験信号 パルス繰り返し周波数 PRF*3の種類 1バーストあたりのバルス数
Min. Max.
Reference DFS test signal 700 1 18
1 200 1000 1 10*2
2 200 1600 1 15*2
3 2300 4000 1 25
4*1 2000 4000 1 20
5 300 400 2または3 10*2
6 400 1200 2または3 15*2
*1:試験信号4の波形は±2.5 MHzの範囲でチャープ変調がかかります。
*2:CACおよびOff-Channel CACテストにおいて5600 MHz~5650 MHzでテストを行う場合は18となります。
*3:PRF:Pulse Repetition Frequency

MX370073B とMX370073Aの違い

〇:対応、×:非対応
型名 ベクトル信号発生器 備考
MG3710A MG3700A
(製造中止品)
MX370073A
(2019年5月に製造中止予定)
 
MX370073B  NEW × ・MX370073Aの波形パターンをすべて含む
・日本の電波法規格に追加検討中の5.3 GHz帯 固体素子レーダ波形パターンを含む

form.jpg

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。