Skip to main content
MENU

eCall Tester : IVS開発の即戦力

eCallシステムにおける車載器の通信シーケンス試験を机上で実現。

120年の歴史で培ってきた情報通信技術をベースに、計測技術の分野で多くの実績とシェアを誇るアンリツ。そのアンリツが、2018年3月31日にEUで義務化が決定しているeCallの試験環境をすばやく構築できるソフトウェア「eCall Tester」と、世界各国のセルラーネットワークを実現できる無線基地局シミュレータMD8475B/MD8475Aをご提供します。カーエレクトロニクス分野における高精度なIVSの開発も、高い技術力と信頼性のアンリツにお任せください。

近づくeCallの新車装備の義務化

アンリツの「eCall Tester」は、eCallシステムにおけるIVSの通信シーケンス試験を机上で実現する、国内初のエミュレーションソフトウェアです。eCallの通信環境が存在しない日本国内で、実環境と変わらないMSD通信-音声通信の試験環境を、すばやく構築できます。待ったなしの2018年3月31日義務化へ向け、IVS精度を飛躍的に高める即戦力の「eCall Tester」がeCall対策の通信課題を解決します。

eCall対策の通信課題を解決
★EUプロジェクトのeCallは、自動車事故発生と同時にIVS(車載器)から事故の位置や搭乗者数などの情報(MSD)を、PSAP(緊急連絡センター)へ自動通報する自動緊急通報システムです。EUでは、eCallの新車装備の義務化を2018年3月31日が決定しており、ヨーロッパ向けにIVSを製造しているメーカー様は、eCallへの対応が求められています。

信頼性の高いeCallテスト基盤を、すばやく構築できる「eCall Tester」

「eCall Tester」は、eCallシステムにおけるIVSとPSAPとの通信シーケンスをエミュレートするソフトウェアです。モバイル通信環境の模擬を実質的な業界標準であるシグナリングテスタMD8475B/MD8475Aと連携し、GSM/WCDMAの通信環境を机上もしくは実験室に構築することができます。実環境で発生が困難なMSDシーケンスの通信タイムアウト異常や、基準MSD(期待値)と受信データとの比較などの試験を、すばやく確実に実施できます。

■ 試験環境と適用範囲

試験環境と適用範囲

■ 通信シーケンス(eCall Tester)

通信シーケンス(eCall Tester)

キメ細かな独自機能を搭載する「eCall Tester」

  • IVS-PSAP間の通信シーケンス試験を実現します。
  • eCall通信(MSD通信-音声通話)とMSD通信(In-band modem)の状態表示ができます。
  • In-band modemシーケンスとMSDデコードデータ(意味を持つデータへ変換)の実行結果を画面表示しファイルへ出力できます。
  • 基準MSD(期待値)を設定し、受信したMSDとの比較結果が表示できます。
  • 難しい基地局シミュレータの操作はeCall Testerが行うため、誰でも簡単に試験できます。
  • 他のアプリケーションから「eCall Tester」を外部制御し、PSAPの操作ができます。
  • EN16454に準拠しており、型式認定の試験環境としてご利用いただけます。

■ 通信シーケンス機能一覧

通信シーケンス機能一覧
通信シーケンス機能一覧

■ 「eCall Tester」のGUIイメージ

「eCall Tester」のGUIイメージ

豊富な実績のあるアンリツ製品だから、迅速かつ手厚いサポートで安心

情報通信の分野では、常にトップクラスを走りつづけるアンリツ。その豊富な実績と高い信頼性に裏打ちされた製品やソリューションは、充実したサポート体制のもと、迅速かつ手厚い支援サービスで、カーエレクトロニクス技術の開発分野でも安心して導入いただけます。

eCall 製品情報

ソフトウェア

ソフトウェア MX703330 eCall Tester
MX703330 eCall Tester

form.jpg

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。