Skip to main content
MENU

光モジュール評価の時間短縮化に最適な光スペクトラムアナライザ


≪製品紹介ビデオ≫


Point1 時間短縮:波長掃引から外部制御機器へのデータ転送までのトータル時間短縮を実現

測定処理速度を短縮し、多彩なアプリケーションによる各種デバイス評価の短縮

MS9740A 光スペクトラムアナライザは、波形の掃引から解析、データ転送までのトータル時間を当社製品比1/5に短縮します。

【波形掃引】  0.2秒/5 nmのリアルタイム掃引でスペクトラム測定!

MS9740A

波形掃引およびレンジング処理の高速化により、最速0.2秒/5 nmの波長掃引でスペクトラム測定を実現します。

光源の波長変化
矢印

スペクトラム変化や、ノイズレベル変動がリアルタイムで観測できます。
光源の波長変化の様子も滑らかに確認できます。

【解析】  光デバイスの評価をはじめ8つの解析メニューを掲載!

スペクトラムアナライザ
  1. LD-Module
  2. DFB-LD
  3. FP-LD
  4. LED
  5. PMD
  6. WDM
  7. Opt.Amp
  8. Opt.Amp(Multi-channel)

8つの解析アプリケーションの一例

各アプリケーションで必要な試験項目を一括して測定し、1画面上にわかりやすく表示します。

LDモジュールテスト解析画面
LDモジュール試験項目
  • LD-Module
  • OSNR(実測値)
  • OSNR(1 nmあたりの雑音比)
    OSNRのノイズレベルは、Higher、Left、Right、(L+R)/2から指定、もしくはピーク波長からの距離の指定が可能
  • SMSR
  • サイドモードピーク波長、レベル
  • スペクトラム幅(n dB法、RMS法、標準偏差)
矢印
 

【データ転送】  データ転送で待たせない!

データ転送

波長掃引、解析、外部制御機器転送までの一連のスループットを高速化しています。

GPIBインターフェース、SMSR測定時間(DFB光源)、VBW:10 kHz、分解能:0.1 nm、掃引幅:5 nm、測定ポイント:501

グラフ


Point-2 リモートコマンド搭載:置き換えに必要なリモートコマンド作成時間を短縮

他社OSのリモートコマンドに一部対応

当社従来機種( MS9710B / MS9710C / MS9780A )とのリモートコマンドについてはほぼ互換しており、また他社の光スペクトラムアナライザについても一部リモートコマンドに対応しているため、短時間でリモートプログラム作成が行えます。

MS9740A 光スペクトラムアナライザについてさらに詳しく

資料ダウンロード

関連リンク

光通信ネットワークの全体像からエリアごとに、わかりやすく記載したリーフレットなど、資料をご用意しています。

form.jpg

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。