Skip to main content
MENU

無線モジュールの変調解析評価



技術適合試験に加えて無線モジュールの"質"を測定するには、変調解析による評価は非常に重要です。
スペクトラムアナライザでは周波数とパワー関係を測定することはできますが、変調信号の中身まで解析することはできません。
MS2830Aシグナルアナライザではベクトル変調解析ソフトウェア【MX269017A】を追加することで、変調解析を行うことも 可能です。
故障診断や障害時の原因切り分けに効果的な変調精度(EVM)、FSKエラーなど、信号内の品質を測定することができます。

  ■ 数値結果表示

2FSK、4FSK時
  • Tx Power
  • Filtered Power
  • Frequency Error(Hz、ppm)
  • Magnitude Error(rms、peak)
  • FSK Error(rms、peak)
  • Deviation(Average、+Peak、-Peak、(Peak-Peak)/2)
 


以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。