Skip to main content
MENU

アナログ信号発生器:無線機器の妨害波受信試験ソリューション

MG3740AMain_1.jpg

    最大出力レベル設定:+30dBm
    ディジタル変調帯域幅:2MHz

    SSB位相雑音性能:<140dBc/Hz(nom.)*f=100MHz、20kHzオフセット
    BER測定機能(入力ビットレート):100bps~40Mbps

 

「受信試験設備」と「価格」のスリム化を実現! ― アナログ信号発生器 MG3740A

業務用無線(LMR)や簡易無線、ワイヤレスマイクなどの無線通信分野では、通信方式がアナログ方式からディジタル方式へ切り替りつつあり、無線機器のディジタル化が促進されています。そのため、評価、検査にはアナログとディジタルの両方式の設備が必要となります。

アナログ信号発生器(MG3740A)は、ディジタル変調オプションの追加により、アナログ用に3台、ディジタル用に3台、合計6台分の働きを実現します。複数台の信号発生器(SG)が必要であった相互変調特性(IM)、感度抑圧効果、隣接チャネル選択度(ACS)などの妨害波受信試験を1台で対応でき、測定系の簡素化、設備投資の抑制など、無線機器の評価・検査工程おける課題に応えます。

 

アナログ試験

さまざまな妨害波受信試験を1台で対応する高純度信号源

MG3740Aは、優れたSSB位相雑音性能を持つ高純度信号源であり、アナログ無線機器の妨害波受信試験に適しています。複数の信号源を必要とする妨害波受信試験を1台で対応することができ、設備コストを低減します。

測定系の簡素化、設備投資の抑制例

【相互変調特性の測定】 信号発生器3台を1台に

従来(SGが3台必要) ― MG3740A使用(SGは1台のみで対応、測定系の簡素化も実現)
link.jpg    【感度抑圧効果の測定】 信号発生器2台を1台に、さらに2信号PADも不要
HTML

 

デジタル試験

必要とされる機能、性能に特化し、優れたコストパフォーマンスを実現

ベクトル信号発生器(VSG)は、狭帯域ディジタル通信で使われる無線機器の評価・検査には、過剰な機能、性能です。MG3740Aは、狭帯域ディジタル通信の無線機器の評価・検査に必要な機能、性能を追及しています。ディジタル化が進む無線機器の評価をサポートし、アナログ設備の資産を有効に活用できる拡張性に優れた信号発生器です。アナログ試験同様、複数の信号発生器を必要とする受信妨害波の試験を1台で対応でき、設備コストの低減に貢献します。

測定系の簡素化、設備資産の有効活用例

link.jpg    【相互変調特性の測定】 信号発生器3台を1台に
link.jpg    【隣接チャネル選択度の測定】 信号発生器2台を1台に、さらに2信号PADもBER測定器も不要

 

 MG3740A アナログ信号発生器についてさらに詳しく
download    ホワイトペーパー 「無線端末のRFフロントエンドデバイス IMDおよびトリプルビート測定」を要求する
   製品詳細ページを見る
catalogue.jpg    カタログを見る
catalogue.jpg    構成ガイドを見る
   マルチ出力を実現する独自オプションの説明

 


 

各種お問い合わせ、ご依頼はこちら
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。