Skip to main content
MENU

100GbE CFP/CFP2, EMLデバイスの評価

100GbE CFP/CFP2, EMLデバイスの評価
--- 100GbE (25Gx4) / OTU4 (28Gx4) / CFP/CFP2, QSFP/QSFP2 Module ---

100GbE CFP/CFP2, EMLデバイスの評価

 

- クロストークによるBERの劣化評価 ⇒ 可変 Delay, CH Sync, 可変Amplitude
- 4chのBER測定 ⇒ 1BOX同時測定による効率化、高感度EDによる低振幅信号のBER測定
- EAM Direct Drive ⇒ 3.5Vpp Data out、クロスポイント可変
- 内部CDRのジッタ耐力評価 ⇒ SJジッタトレランス試験(MU181000シンセサイザのジッタオプションによりSJ発生可能)



100GbE、25G×4λの評価を実現

最大32.1Gbit/sのビットレートに対応したPPG/EDモジュールにより、IEEE 802.3 baで標準化が進む100GbE用EMLや光モジュールの評価を実現できます。4チャネルのEMLを同時かつ独立して駆動でき、コストパフォーマンスに優れた評価ができます。

スキュー、クロストークの影響確認

30Gbit/sクラスの信号を使用するアプリケーションでは、論理検証だけでなく実機検証が必要となります。MP1800Aは、パターン同期、位相可変機能を実現しているため、受信デバイスのスキュー耐力、クロストークの影響などを容易に実機検証できます。

EMLの評価に適した信号品質を提供

最大3.5Vp-pまでの出力可変機能により、EMLを直接駆動できます。画面上で簡単に振幅やクロスポイントの調整を行うことができ、評価時間の短縮と信頼性の高い評価ができます。

Auto Search機能の標準装備

データとクロックの位相差をAuto Search機能により自動調整でき、容易な操作性を実現しました。

低ジッタ、高品質波形

PPGモジュールは、低ジッタ、高品質波形を提供します。アプリケーションの要求に合わせ、出力振幅をオプション選択できます。

低ジッタ: 700fs rms(typ.)
高振幅: 0.5Vp-p~3.5Vp-p
[MU183020A-013/023、MU183021A-013]

28Gbit/s、3.5Vp-p時 出力波形
28Gbit/s、3.5Vp-p時 出力波形(MU183020A-013)

クロストーク試験

PPG Data Delayオプションにより、各チャネルを独立して位相の制御ができます。1mUIステップの高精度制御により、DUTのクロストーク特性を精度良く検証できます。



 

 


関連製品
MP1800A シグナルクオリティアナライザ

関連ソリューション
32G Signal Integrity Test - Jitter/BERT/Emphasis
30 Gbit/s帯超高速インターコネクトの評価
InfiniBand FDR(14G)/EDR(26G) AOCの評価
100Gbit/s帯 DP-QPSK、40Gbit/s帯 DQPSKの評価

関連ドキュメント
カタログ
MP1800A シグナルクオリティアナライザ 32Gソリューション
MP1800A シグナルクオリティアナライザ
アプリケーションノート
28 Gbit/s 高速ディジタル信号におけるシグナルインテグリティ解析
光変調器評価

関連ビデオ
高速データ通信を支えるアンリツの評価テクノロジー

関連リンク

光通信ネットワークの全体像からエリアごとに、わかりやすく記載したリーフレットなど、資料をご用意しています。
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。