Skip to main content
MENU

30 Gbit/s帯超高速インターコネクトの評価

30 Gbit/s帯超高速インターコネクトの評価
--- 32G Fiber Channel / High Speed Back Plane / CEI-25G, CEI-28G-VSR ---



インターコネクト評価
≪インターコネクト評価≫

 

- Back Planeの BER測定  ⇒  1台で2chの同時測定による効率化、高感度EDによる低振幅信号のBER測定
- SERDESジッタトレランス評価  ⇒  2tone-SJ/RJ/BUJ/SSCジッタトレランス試験
- 伝送線路のロス/歪み補正  ⇒  エンファシス効果の確認
- クロストークによるBERの劣化評価  ⇒  可変 Delay, CH Sync, 可変Amplitude



マルチチャネル

高性能サーバのBack Planeなどでは、ビットレートの高速化と共にマルチチャネル化が進んでいます。MP1800Aは、マルチチャネルPPGにより双方向トランシーバ、SERDES、Multi-Ch Clock Data Recovery(CDR)などの複数チャネルに対して、エンファシスコントロールを行うVictim信号、クロストーク評価用のAggressor信号を同時に発生できます。

ジッタトレランス試験

MU181500B ジッタ変調源は、32.1 Gbit/sまでのSJ(2 tone)、RJ、BUJ、SSCをすべて同時に付加できるため、さまざまな規格に対応したジッタトレランス試験ができます。 Back Planeを通過する信号は、伝送経路の損失によりEye開口が劣化します。MU183040B 高感度EDは、高入力感度により、低振幅、低Eye Openingのデータ信号を受信できます。また、クロックリカバリオプションの搭載により、送受信クロックの異なるSERDESのジッタトレランス測定ができます。

スキュー、クロストークの影響確認

超高速ディジタル信号を処理するには論理検証だけでなく、実機検証が必要となります。MP1800Aは、パターン同期、位相可変機能を実現しているため、受信デバイスのスキュー耐力、クロストークの影響などを容易に実機検証できます。

エンファシス効果の確認

MP1825B 4タップエンファシスは、最大4タップまでの32.1 Gbit/sプリエンファシス信号に変換でき、プリエンファシス波形の振幅、オフセット、各タップの振幅率などを柔軟に可変できるため、プリエンファシス信号を必要する10 Gbit/s以下のPCI express、USB、Backplane Ethernetや30 Gbit/s帯のInfiniBand 26G-IB-EDR、CEI-28G-VSR、32 G FCなど、多くの高速インタフェースの特性評価に適しています。

MP1825B 4タップ エンファシス設定画面
MP1825B 4タップ エンファシス設定画面
試験パターンPRBS31の波形
試験パターンPRBS31の波形
試験パターン:FF00の波形
試験パターン:FF00の波形

 

プリエンファシス効果の最適化
≪プリエンファシス効果の最適化≫

 

 


関連製品
MP1800A シグナルクオリティアナライザ
MP1825B 4タップ エンファシス

関連ソリューション
32G Signal Integrity Test - Jitter/BERT/Emphasis
InfiniBand FDR(14G)/EDR(26G) AOCの評価
100GbE CFP/CFP2, EMLデバイスの評価
100Gbit/s帯 DP-QPSK、40Gbit/s帯 DQPSKの評価

関連ドキュメント
カタログ
MP1800A シグナルクオリティアナライザ 32Gソリューション
MP1800A シグナルクオリティアナライザ
MP1825B 4タップ エンファシス
リーフレット
32 Gbit/s High Sensitivity BER Testing
Linear Equalizer
Clock Recoveryオプション 32 Gbit/s高感度ED
アプリケーションノート
28 Gbit/s 高速ディジタル信号におけるシグナルインテグリティ解析
最適なプリエンファシス定数の設定

関連ビデオ
高速データ通信を支えるアンリツの評価テクノロジー

関連リンク

光通信ネットワークの全体像からエリアごとに、わかりやすく記載したリーフレットなど、資料をご用意しています。
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。