Skip to main content
MENU

PCI Expressデバイス評価

PCIe Gen5をサポート  NEW

PCI Express 5.0(PCI Express Gen5)は32GT/sまで高速化し、高度なプロトコル認識機能や、シグナルインテグリティ確保、トラブル発生時の解析の重要性が増しています。アンリツとTeledyne LeCroy社およびアンリツとGranite RiverLabs社のPCIe Gen3/Gen4/Gen5に対応したRx/Txコンプライアンステストソリューションは、お客様の物理レイヤ測定の課題に対処し、検証時間短縮や設備投資費の削減に貢献できるソリューションです。

オシロスコープとの接続
自動測定

コンプライアンスソフトウエアは、測定の簡素化と再現性を高めるために校正、テスト、レポート作成が完全に自動化され、エンジニアの作業負荷を大幅に軽減できます。また、アンリツが提供する優れた拡張性を備えた最高性能ビットエラーレート測定器 MP1900Aと、顧客保有のリアルタイムオシロスコープを自由に選択でき、設備投資費削減に貢献いたします。
MP1900Aは、PCI Express Gen1~5やPAM4アプリケーションに1台で対応できるソリューションです。

PCI Express Gen5 Base Specification レシーバテスト

PCI Express Gen5 Base Specification レシーバテスト

PCI Express Gen5 Base ソリューション 特長

  • 2ch PPGにより1 BOXでクロストーク試験に対応
  • Variable ISIオプションにより、Calibration Channelの接続変更なしに自動Calibrationに対応
  • SKP OS Filtering機能による真のBER測定に対応
  • SRIS、SRNS、Commonのすべてのクロックアーキテクチャに対応

PCIe Gen4/5レシーバテストソリューション

PCIeレシーバテストソリューション

PCIe テスト対応項目

PCIe Gen3/Gen4/Gen5のコンプライアンステストの自動化に対応したソフトウェアの対応です。
*:動作するオシロスコープについては、お問い合わせください。

Specification Compliance Test項目 対応ソフトウェア
Teledyne LeCroy GRL
Base Specification Receiver Link Equalization QPHY-PCIE5-Tx-Rx GRL-PCIE4-BASE-RXA
GRL-PCIE5-BASE-RXA
CEM Specification Transmitter Signal Quality QPHY-PCIE4-Tx-Rx GRL-PCIE34-TXP1
Transmitter Pulse Width Jitter
Transmitter Preset
Transmitter initial Tx Equalization GRL-PCIE4-CEM-RXA
Transmitter Link Equalization response
Receiver Link Equalization
PLL Bandwidth
*:Gen3~5までサポート。

Matrix Scan機能

リンクパートナーとの通信品質を確保するためには、Tx側のEQとRx側のEQの最適な組み合わせが選択される必要があります。
Matrix Scan機能はレシーバーに最適なTx EQ設定をスキャンし、レシーバーに最適な設定を自動で探索できます。

Matrix Scan機能

リンクトレーニング機能

PCI Expressのレシーバテストでは、DUTのBER試験の前に、LTSSMを使用して、リンク状態を確立する必要があります。
MP1900Aは、MX183000A-PL021のPCIeリンクトレーニングオプションを使用することにより、測定に必須となるリンク状態を確認できます。さらに、PCIeリンクトレーニングオプションはLTSSM解析機能も備えており、リンク状態を構築できなかった際の原因解析を行えます。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.