Skip to main content
MENU

高速BUSのデバックテスト例

ジッタトレランステスト機能(MX183000A-PL001)

  • 汎用性の高いジッタ耐力測定可能
  • SJ/RJ/BUJ を印可し PHY デバイスのジッタ耐力試験が可能
  • 各種規格に応じたマスク測定が可能
  • 1E-12、1E-15などの低エラーレートを推定する機能により、測定時間短縮に貢献
  • Binary、Up ward、Down ward、Binary + Linearの4種類の追い込み方法により、デバイス特性に応じた耐力点を測定が可能
  • ジッタトレランスのマスクをユーザーカスタマイズ可能

低レート推定BER測定
低レート推定BER測定

  • 1筐体でProtocol AwareなPCI Express Gen1~5のレシーバ試験に対応
  • リンクトレーニング、LTSSM解析
Anritsu MP1900A BERT リンクトレーニング
Add-in Card、System Boardの物理層測定に対応
  • Tx/Rx Link Equalization Response Test
  • Rx Link Equalization Test
  • Receiver Jitter Tolerance Test
Anritsu MP1900A BERT リンクトレーニング状態遷移
リンクトレーニングの状態遷移
LTSSMログ
LTSSMログ

USBリンクトレーニング(MX183000A-PL022)

  • Protocol AwareなUSB/3.1 Rxテストソリューション
  • リンクトレーニング、LTSSM解析機能
Loopbackへの遷移をコントロール(リンクトレーニング機能)
Loopbackへの遷移をコントロール(リンクトレーニング機能)
LTSSMの各ステートの遷移を検出するLTSSMログ
LTSSMの各ステートの遷移を検出するLTSSMログ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。