Skip to main content
MENU

Azimuthケーススタディ ~テストラボ/テストハウス編~

実環境のケーススタディ

Azimuth Systemsは、Wi-Fi、WiMAX、LTE、802.16mなどの4Gワイヤレス技術に対するワイヤレス・テストソリューションベンダです。Azimuthのテストソリューションは、世界有数のワイヤレス半導体企業、デバイスメーカー、インフラベンダ、サービスプロバイダによって、市場投入までの時間短縮やワイヤレスIPパフォーマンスの向上のために利用されています。Azimuthのテストソリューションは、データ、音声、動画のアプリケーションに対応できるように設計されたモバイルIPデバイスおよびネットワークの、ラボにおけるパフォーマンステストと認定試験を簡略化します。

テストラボ/テストハウス

ワイヤレスサービスにおけるテストラボの成否は、正確さと効率性という2つの要素にかかっています。最も収益性の高い大手のラボは、常に正確な試験結果を迅速に提供しています。正確さと効率性に関しては、自動化を利用しています。このようなラボは通常、インフラ、デバイス、シリコンベンダーと契約して、製品ライフサイクルの開発および導入の段階で認定試験、相互運用性試験、パフォーマンステストを開発・実施しています。ラボは、顧客満足のために、正確な結果を迅速に提供する必要があります。Azimuthのテストプラットフォーム、RadioProof™ RF enclosures、オートメーション・ソフトウェア、自動試験スイートを組み合わせることで、干渉または手動による結果の解釈から生じる矛盾や異常を排除しながら、数時間たらずで正確かつ自動化された結果を得ることができます。

大手のテストラボは、Azimuthのテストソリューションを以下のような用途に使用しています。

  • 802.11a/b/g/nベースのアクセスポイント、クライアントデバイス、ハンドセットを対象とした自動Wi-Fi認証および事前認証
  • カスタマイズした相互運用性およびパフォーマンステストプランの自動化の開発・提供
  • 自動化されたベンダー特有の機器受け入れ/認証プログラムの実行

以下の事例は、テストラボのお客様が製品の試験で直面した状況と、Azimuthを利用して得られた成果を示しています。

これらの実環境での事例には、顧客の概要と、Azimuthのソリューションを利用して試験した課題内容が含まれていますが、匿名性は維持されています。

事例1

顧客の概要

大手のテストラボ/テストハウス

顧客の課題

  • 事前認証とパフォーマンステストの自動化

主な懸念事項

  1. 自動化かつ管理された環境テストプラットフォームで利益と顧客満足度を向上させることができるか。
  2. AzimuthのAzCert 802.11n Wi-Fi事前認証ソリューションにより、競争上の差別化を図り、優位性をもたらすことができるか。

Azimuthのソリューション

Wi-Fi Allianceの802.11n draft 2.0認証プログラムを対象としたAzimuthの完全自動化事前認証ソリューションは、公式のテストベッドおよび試験構成に容易に重ね合わせ、変更を加えることなくテストプラン全体の設定、実行、結果の解釈を完全に自動化します。

結果:

  • 何日もかかっていた自動事前認証試験を数時間で実行できるため、1週間/1カ月当たりの実施可能試験数が増加した。
  • 試験結果の提供が迅速になり、自動化かつ管理された環境のおかげで誤検出数が減少したため、顧客満足度が向上した。
  • 試験オペレーターの習熟曲線が緩やかになるため大幅なコスト削減が実現できた。
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。