Skip to main content
MENU

Azimuthケーススタディ ~半導体ベンダ編~

実環境のケーススタディ

Azimuth Systemsは、Wi-Fi、WiMAX、LTE、802.16mなどの4Gワイヤレス技術に対するワイヤレス・テストソリューションベンダーです。Azimuthのテストソリューションは、世界有数のワイヤレス半導体企業、デバイスメーカー、インフラベンダー、サービスプロバイダーによって、市場投入までの時間短縮やワイヤレスIPパフォーマンスの向上のために利用されています。Azimuthのテストソリューションは、データ、音声、動画のアプリケーションに対応できるように設計されたモバイルIPデバイスおよびネットワークの、ラボにおけるパフォーマンステストと認定試験を簡略化します。

半導体ベンダ

大手の半導体ベンダは、参照設計プラットフォームおよびモジュールの技術開発試験、設計検証試験、品質保証試験にAzimuth Systemsのテストソリューションを利用しています。サプライチェーンの基盤として、シリコンサプライヤは自社の設計がさまざまな標準認証基準に対して機能すると同時に準拠していることを顧客および顧客の製造パートナに保証する必要があります。大手シリコンベンダは、この要件を満たすには、標準的かつサプライチェーン全体で再現できる試験プロセスが求められることを認識しています。

ワイヤレスIPデータサービスが、携帯電話、セットトップボックス、サービスプロバイダのネットワークに組み込まれるようになる中、「キャリアグレード」のワイヤレスサービスへの期待が高まっています。キャリアグレードのワイヤレスは、音声や動画などのリアルタイムのアプリケーションに対する最終的なエンドユーザのサービス品質を確保するために徹底した試験の実施が求められます。シリコンサプライヤは、「十分だけでは満足しない」文化を確立する必要があります。キャリアグレードのワイヤレスに対する新たな基準は有線接続であるため、性能を評価して継続的に向上させなければなりません。さらに、4Gデバイスの認証には、広範囲にわたる相互運用性および適合性試験が必要になります。

先進的かつ先導的なシリコンサプライヤは、キャリアグレードのサービス品質と併せてシームレスなモビリティと相互運用性を実現する製品を提供する責任があります。このようなリーダは、Azimuthを利用して、性能と改善の文化の中核を成すテストプラットフォームおよびテストソリューションを提供しています。また、試験をコストと見なさずに、性能と市場における差別化を図るための投資と見なしています。

ワイヤレスソリューションを開発する大手シリコンサプライヤは、Azimuthのテストソリューションを以下のような用途に使用しています。

  • 顧客および見込み客に対して性能への期待とベンチマークを実証する。
  • 製品を差別化する。
  • 市場投入までの時間を短縮する。
  • 技術開発、設計検証試験、品質保証の間の試験器の均質性を確立すると同時に、相互の関連付けに伴う困難を軽減し時間を短縮する。
  • パフォーマンステストプロセスを自動化する。
  • 認証および適合性試験プロセスを自動化する。
  • 自動化された再現可能な試験が統合、効率性、協調の基礎となるように顧客およびODMのエコシステムを管理する。

以下の事例は、当社のシリコンベンダのお客様が、製品の試験で直面した状況およびAzimuthを利用して得られた成果を示しています。

これらの実環境での事例には、顧客の概要と、Azimuthのソリューションを利用して試験した課題内容が含まれていますが、匿名性は維持されています。

事例1

顧客の概要

世界をリードするWi-Fiシリコンサプライヤ

顧客の課題

  • ソフトウェアのリグレッション性能および認証試験を自動化する。
  • 技術開発、設計検証、品質保証の間で相互の結果の関連付けに要する時間を短縮する。
  • 地理的に分散した開発拠点の間で相互の関連付けに要する時間を短縮する。

主な懸念事項

  1. 特にRate vs. Range、ローミング、ACI、ダイバーシチ、受信感度を含めて、パフォーマンステストは標準化および自動化できるか。
  2. 技術開発試験と品質保証試験の相互の関連付けの困難を軽減できるか。
  3. 試験を競争上の優位として利用できるか。

Azimuthのソリューション

このシリコンサプライヤは、技術開発試験、設計検証試験および品質保証試験プロセスの中心に、以下のアプリケーションと併せてAzimuthのW-Seriesテストプラットフォームを導入し、次のような結果となりました。

  1. このお客様はAzimuthの自動化されたパフォーマンステストスクリプトを基盤として採用し、自社のメトリクスと基準に従ってTCLベースのスクリプトを展開しました。Rate vs. Range試験、ローミング試験、ACI試験、ダイバーシチ試験、受信感度試験を含む、広範囲に及ぶパフォーマンステストが完全に自動化され、お客様のソフトウェア開発と試験プロセスに組み込まれました。アプリケーションに固有のさまざまな「セット」ソリューション(Rate vs. Rangeなど)が、QAよりも早い段階の開発プロセスで問題を修正できるように技術およびDVT全体に導入されました。お客様は、試験の実行に費やしていた多くの時間と資金を試験の開発と結果の分析に回すことができました。その結果、発見/分離/修正という迅速な品質改善サイクルによって製品の品質が向上しました。
  2. AzimuthのWi-Fi自動試験スクリプトを使用した事前認証試験の自動化により、これまで手動での作業に5日間を要していたところ、一晩の自動実行に短縮されました。これによって、事前認証試験が夜間に実行するリグレッション試験に統合され、市場投入までの時間が短縮されます。ラボベースの認証試験は今や、「デバッグ」イベントではなく「検証」イベントとなっています。ラボで費やされる時間が大幅に削減されました。
  3. このお客様は、品質保証と技術開発全体にわたって、標準化されたAzimuthのコンフィギュレーションを導入しました。再現できなかった結果の関連付けに費やされる時間が大幅に減少した分、今は再現可能な問題の修正と「性能」水準を引き上げることに時間を費やしています。組織間にくさびが打ち込まれたことによる再現性の欠如の緩和と正確に評価して再現する能力が、製品およびプロセス改善の基盤となりました。
  4. Azimuthの標準化および自動化されたプラットフォームを活用することによって、競合製品に対する性能ベンチマークが可能になります。このベンチマークのプロセスは、競合企業の製品やサービスを越えるよう、会社全体で集中的に改善に取り組むことを可能にします。試験を実行するために費やしていた時間が減ることにより、製品の改善に時間を割けるようになり、引いては競争上の優位性を築く最大の武器となる試験に利用されています。顧客および見込み客を最先端で正確かつ再現可能で客観的な試験プロセスに導き、優れた製品性能と優れた継続的な試験を実証する能力は、依然として手動で標準化されていないアドホックな、問い合わせの原因となる方法を利用しているシリコンサプライヤーとこのお客様を差別化します。このお客様は、Azimuthのソリューションを自社の試験プロセスに使用しているOEMからとりわけ恩恵を享受しています。
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。