Skip to main content
MENU

Azimuthケーススタディ ~インフラベンダ編~

実環境のケーススタディ

Azimuth Systemsは、Wi-Fi、WiMAX、LTE、802.16mなどの4Gワイヤレス技術に対するワイヤレス・テストソリューションベンダーです。Azimuthのテストソリューションは、世界有数のワイヤレス半導体企業、デバイスメーカー、インフラベンダー、サービスプロバイダーによって、市場投入までの時間短縮やワイヤレスIPパフォーマンスの向上のために利用されています。Azimuthのテストソリューションは、データ、音声、動画のアプリケーションに対応できるように設計されたモバイルIPデバイスおよびネットワークの、ラボにおけるパフォーマンステストと認定試験を簡略化します。

インフラベンダ

大手の基地局、アクセスポイントおよびWLANスイッチベンダは、製品のパフォーマンステストおよび機能検証のためにAzimuth Systemsのテストソリューションを利用しています。インフラベンダーは、企業、サービスプロバイダー、大学および大都市規模のワイヤレスIPネットワークでの性能を保証するためには、十分に試験を行った製品を提供することが期待されます。

ネットワーク・インフラベンダは、有線ネットワークおよび接続のためのスイッチ、ルータ、ブリッジのパケットベースの性能を検証するように設計された試験器およびプロセスに莫大な投資を行っています。ワイヤレスネットワークによって、パケットベースの性能についてモビリティの影響を検証するという新たな課題が試験にもたらされています。さらに、ワイヤレス製品で顧客に自由を提供するには、徹底した相互運用性試験の必要性が強いられます。顧客が自社のインフラ設備でワイヤレス・クライアントデバイスの動作を評価する前に、ネットワーク・インフラベンダがさまざまなワイヤレス・クライアントデバイスについて評価しておく必要があります。

Azimuthのテストプラットフォーム独自のアーキテクチャは、モビリティと相互運用性がチームとプロセスに与える負担を軽減します。「実環境のラボ」までカートで運ぶ時間をほぼ省くことができます。Azimuthの自動化されたレンジおよびハンドオフ・ソリューションの再現性と正確さは、試験の時間を大幅に削減し、社内の部署間や顧客またはクライアントパートナとの間で結果を容易に関連付けることを可能にします。問題を発見するよりも、問題を修正するために時間を費やすことができます。

ワイヤレスネットワーク・インフラストラクチャのコンポーネントを開発するベンダは、Azimuthのテストソリューションを以下のような用途に使用しています。

  • レート(スループット)vs. レンジおよびローミングなどの動作性能の基準設定を自動化する。
  • 相互運用性によるベースライン性能との差を決定する。
  • インフラとクライアントデバイスの両方にのコンフィギュレーションモードの多くの置換に関連したベースライン性能との差を自動分析する(セキュリティ、QoSなど)。
  • クライアントデバイスパートナ、シリコンサプライヤ、ODM、システムインテグレータ、サービスプロバイダなどが導入しているサプライチェーン全体にわたって結果の関連付けを容易にする。
  • ソフトウェアのリリースごとに行うリグレッション試験プロセスを自動化する。
  • 問題を発見・分離・修正するために自動化されたラボベースの試験を用いることで、実環境の試験をシンプルな検証として利用する。

以下の事例は、当社のインフラベンダのお客様が、製品の試験で直面した状況およびAzimuthを利用して得られた成果を示しています。

これらの実環境での事例には、顧客の概要と、Azimuthのソリューションを利用して試験した課題内容が含まれていますが、匿名性は維持されています。

事例1

顧客の概要

世界をリードするワイヤレス・インフラプロバイダ

顧客の課題

  • モビリティ性能に対するソフトウェアのリグレッションパフォーマンステストを自動化する。
  • 地理的に分散した開発拠点の間で結果の関連付けにかかる時間を短縮する。

主な懸念事項

  1. ソフトウェアのリリースは、レート vs. レンジパフォーマンスに影響を及ぼすか。
  2. ソフトウェアのリリースは、ローミング性能に影響を及ぼすか。ローミングまたはレート vs. レンジパフォーマンスは、顧客のネットワーク内のラップトップごとに異なるか。
  3. どうしたら試験時間を削減できるか。
  4. 開発拠点間における関連付けの問題はどのように軽減できるか。

Azimuthのソリューション

インフラ開発者は、技術開発試験、設計検証試験および品質保証試験プロセスの中心に、以下のアプリケーションと併せてAzimuthのADEPT-nテストプラットフォームを導入しました。

  1. Azimuthの自動化されたレート vs. レンジパフォーマンスのテストソリューションは、データスループットにおけるレンジの影響についてシンプルで再現可能な分析を提供します。W-Series RadioProof™の管理された環境およびSmartMotion技術によって、このベンダは、顧客のアクセスポイントとWLANスイッチを多様に組み合わせて交信するさまざまなラップトップに対して正確で確実なベースライン予測を立てることができました。自動試験は、AzimuthのAPIを通じて、夜間に実行する顧客のソフトウェア構築プロセスに統合され、試験時間が大幅に削減されました。W-Seriesテストプラットフォームの再現性と正確さによって、問題はラボで迅速に分離および修理されます。
  2. Azimuthのローミング・テストソリューションは、AP間のローミングプロセスを正確に測定および分析します。ローミングは、インフラとクライアントの両方の性能に依存する機能です。ローミング性能は、クライアントデバイスごとに大きく異なる場合があります。「エミュレートした」クライアントを使用してローミング性能を試験しても、ユーザのローミング体験は明らかになりません。ユーザーエクスペリエンスの試験には、相互運用性に基づいた試験が必要です。このお客様は、Azimuthのローミング試験スクリプトを使用して多数の自動ローミング・テストベッドを構築し、ローミング中のサービス品質性能に対する顧客の期待を満たすベースライン基準値を正確に設定しました。これらのテストベッドは、AzimuthのAPIを通じて、夜間に実行する顧客のソフトウェア構築プロセスに統合され、試験時間が大幅に削減されます。試験結果は、ラップトップと、やはりAzimuthのテストシステムを導入しているシリコンベンダーと関連付けられるため、「システム」のローミング性能を継続的に改善できます。ローミング時間は、このプロセスを開始してから80%以上削減されました。
  3. このインフラベンダには、最終的にエンドユーザの期待に応えるソリューションを提供する責任があります。したがって、さまざまなクライアントデバイス、アクセスポイント、スイッチの組み合わせについて、またさまざまなネットワークおよびデバイス構成について、動作に対する性能を試験する必要があります。このように組み合わせが膨大な数にのぼる場合は自動試験が必要です。技術開発および品質保証試験の目的は、問題を発見して修正することであり、これには最高レベルの試験再現性および正確さが求められます。Azimuth独自の試験アーキテクチャーは、再現性と正確さの両方を兼ね備えたラボ内で実環境の性能を自動的に試験するように設計されています。その結果、Azimuthのソリューションを用いて構築されたお客様の試験プロセスは、試験時間が大幅に削減され、製品の品質が向上しました。
  4. このお客様は、3ヶ所の開発拠点とODM拠点でW-Seriesプラットフォームを導入しました。これらの拠点は、開発プロセスの間、試験スクリプトと試験結果を電子メールでやり取りできるため、関連付けが可能になり、問題の特定と分離にかかわるフラストレーションが軽減されます。同じスクリプトをテストラボ外部、シリコンベンダ、ODMと共有することで、サプライチェーンの効率性が向上しました。
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。