Skip to main content

振動コントローラとは?

振動制御について

振動試験システムでは、振動コントローラはPCソフトウェアで制御され、アンプ、加振機、加速度センサと信号のやり取りをしながらDUT(被測定物)の振動試験を行います。

振動コントローラとは

テストエンジニアは、振動制御ソフトウェアを使用して、周波数、振幅、時間などの試験条件を設定します。多くの場合、これらの試験条件は業界ごとに規格(規格一覧はこちら)によって定義されています。設定した試験条件に基づいて、振動制御ソフトウェアはコマンドを振動コントローラに送信します。振動コントローラは、試験用の駆動信号の生成、および、加速度センサからの入力信号の読み取りと応答を行います。

振動コントローラからアンプへ送られる駆動信号は、非常にシンプルなアナログ信号であり、細かく変化させた電圧によって振動試験の振幅と周波数を表します。アンプで増幅された信号が加振機を駆動し、加振機は変動する電圧信号を物理的な運動に変換して、加振台とDUTを振動させます。

振動コントローラ

DUTの実際の振動状態は加速度センサによって測定され、振動コントローラに入力信号として戻されます。振動コントローラはその入力信号を読み取って反応し、実際の振動状態が設定した試験条件となるように出力信号を修正します。このようにして加振台の実際の振動の周波数と振幅が、規格で定義された試験条件と合致するようにします。このクローズドループ制御は、試験が行われている間、継続されます。

振動試験システム構成品の入れ替えについて

クローズドループを行きかうアナログ信号は、テレビのリモコンに使われる信号よりも簡単で、非常にシンプルなため、振動試験システムに使用される振動コントローラ、アンプ、加振機、加速度センサはすべて相互に入れ替え可能です。

一方、振動制御ソフトウェアと振動コントローラは相互に依存するため、一個のユニットと考える必要があります。Vibration Research(VR)社以外の振動コントローラは、振動制御ソフトウェアのライセンスが特定のPCに紐づいていることがあり、この場合、制御は特定PCからのみになりますが、VR社の振動コントローラは、ライセンスキーがPCではなく本体ユニットに紐づいているため、振動試験システムに影響を及ぼすことなく制御PCを交換できます。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.