Skip to main content

正弦波  正弦波共振トラック&ドウェル

正弦波トラック&ドウェルオプション

振動伝達率のピークは正弦波スイープから自動的に検出できます。その後、検出された共振周波数で、指定された期間または正弦波サイクル数間のドウェル(維持)テストが実行されます。

VibrationVIEWのピーク追跡機能は、2チャネル間のピーク伝達率を検出して維持することにより、共振のシフトを処理します。

ピーク追跡は、2チャネル間の位相を絶えず振動させ、ピーク伝達率が増加または減少するかどうかを観察することで機能します。より多くのデータが収集されると、位相変化の量は周波数が狭くなり、時間も遅くなり、ピークを正確に追跡しながら振動量が制限されます。

この優れた機能により、正弦波スイープ中正確に検出する必要性が最小限に抑えられるため、ユーザーはより高速にスイープできます。そして最も重要なのは、テストにおいて追跡され維持される部分全体でピーク伝達率の維持が保証されるということです。

Srtd Peak Tracking

振動伝達率のピークは正弦波スイープから自動的にトラック(検出)できます。その後、検出された共振周波数で指定された期間または正弦波サイクル数間のドウェル(維持)テストが実行されます。正弦波ドウェルテストでは、疲労損傷により共振周波数がシフトした場合でも、コントローラは共振周波数を自動的に追跡して出力を共振状態に維持できます。高度な位相追跡コントロールで高Qまたは鋭い共振を追跡します。これにより、共振点に「ダイヤルイン」し、位相vs伝達率によってピーク振幅を維持できます。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.