Skip to main content

トランジェントキャプチャ  トランジェントキャプチャ

トランジェントキャプチャ

後処理のために過渡波形をキャプチャします。データ収集のために単独で使用するか、衝撃応答スペクトル(SRS)分析のためにSRSと共に使用します。

過渡イベントを記録

トランジェントキャプチャは、過渡イベントを記録するためのシンプルなインターフェイスを提供します。トリガレベル、スロープ、チャネル、および持続時間を選択します。

単純で独立したトリガ

イベントをトリガにするには、すべてまたは任意の組み合わせのチャネルを選択します。

オープンループ出力

オープンループの正弦チャープまたはランダム出力を使用して、モーダル加振機を駆動します。

オープンループ出力
オープンループ出力
オープンループ出力

衝撃応答スペクトル解析(オプション)VR9302

SRSスペクトルを指定して表示します。キャプチャされた各パルスのSRSを分析します。

データプロット

加速度、速度、変位、加速度スペクトルなど、多くの表示オプションが利用可能です。グラフは簡単に自動スケーリングまたはズームでき、カーソルが表示されます。データとテキストの注釈はグラフ上に簡単に配置でき、データの変更に応じてデータ値が更新されます。

トランジェントキャプチャを使用する落下・衝撃試験装置
トランジェントキャプチャを使用する落下・衝撃試験装置
Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.