Skip to main content

衝撃  衝撃

衝撃試験

衝撃試験において、過渡波形のクローズドループ制御を実行します。含まれるものは次のとおりです。

標準パルス形状

半正弦波、ハーベシン波、初期ピークのこぎり波、終端ピークのこぎり波、三角形、台形、および矩形パルス形状から選択します。

制御チャネル

制御信号は、単一の入力チャネル、または平均2〜4の異なる入力チャネルにすることができます。

テストとレベルのスケジューリング

設定可能な繰り返し率で、1〜20億回以上のパルスを繰り返します。テストは、異なる振幅レベルでパルスを実行するように構成できます。

設定可能な安全制限

DUTと加振機システムを保護するために、構成可能な加速と駆動制限をユーザーが設定できます。制御入力は、加振機の力、速度、および変位定格に対しても検証されます。

周波数範囲

標準周波数範囲はDC-4,990 Hzです。高周波ショックオプションを使うと、サンプルレートを108,000 Hzに拡張できます(VR9303高周波)。

イコライゼーション

コントローラは、テストを実行する前に、加振機 /治具/製品の応答を自動的にイコライズします。このイコライゼーションを記憶し、テストとともに保存して、完全なイコライゼーションレベルでテストを迅速に開始できます。

データストレージ

テストデータはすべて、後で取得するためにディスクに保存できます。データ保存は手動で行うことも、ユーザー定義のパルス間隔で自動的に保存するようにプログラムすることもできます。

データプロット

加速度、速度、変位、出力電圧、加速度、駆動スペクトルなど、多くのグラフィック表示オプションが利用可能です。グラフは簡単に自動スケーリングまたはズームでき、カーソルが表示されます。データとテキストの注釈はグラフ上に簡単に配置でき、データの変更に応じてデータ値が更新されます。

基準出力(オプション)VR9104

2番目の出力チャネルは、パルスが実行されていることを示す基準信号を提供します。これは、外部測定デバイスをトリガするために使用できます。

トランジェント波形制御(オプション)VR9301

ユーザーが指定したタイムドメインの過渡波形をインポートするために使用されます。典型的な用途は、ベルコア /テルコーディア地震試験です。

衝撃応答スペクトル制御– SRS(オプション)VR9302

周波数対Gピークテーブルによって定義された衝撃パルスを実行します。このソフトには多くの異なる波形合成生成技術が含まれています。

ショックトランジェントキャプチャ(オプション)VR9304

後処理用過渡波形をキャプチャします。データ取得に単独で使用するか、衝撃応答スペクトル解析にSRSを使用します。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.