Skip to main content

衝撃応答スペクトル(SRS)  衝撃応答スペクトル(SRS)

衝撃応答スペクトル(SRS)

本オプションには、さまざまな波形合成生成技術が含まれています。SRSは、ShockVIEWテストモジュールのオプションのテスト機能として利用できます。

簡単なテスト入力

バックグラウンドのランダム加速度スペクトルの周波数/振幅ブレークポイントは、周波数および振幅ブレークポイントを使用して読みやすい表形式で入力されます。200の個別の周波数/振幅ブレークポイントを入力できるため、実質的にすべてのテストを入力できます。

SRS分析

SRSパッケージは、衝撃および過渡キャプチャテストモードにSRSプロットを追加します。

SRS生成

線形および指数チャープ、wavesyn、バーストランダム、線形および指数チャープバーストランダム、エンベロープランダム、バーストサイン、またはユーザー波形からの反復など、多くの生成波形手法をサポートします。

SRS生成

ウェーブレットの手動操作

基礎となるウェーブレットのすべてのパラメータを手動で調整するか、VibrationVIEWが介入なしで自動的に作成および実行されるようにします。

ウェーブレットの手動操作

データプロット

SRS擬似速度およびSRS加速プロット。プライマリ(+)、プライマリ(-)、またはMaxi-Maxiの加速。グラフは簡単に自動スケーリングまたはズームでき、カーソルが表示されます。データとテキストの注釈はグラフ上に簡単に配置でき、データの変更に応じてデータ値が更新されます。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.