Skip to main content
MENU

設計レベルから腐食性ガス対策した製品

設計レベルで腐食性対策を実施しています

機器を腐食性ガスから守るためには、設計や利用する部品レベルから対策を講じなければなりません。当社は自社設計・開発および自社製造のノウハウにより、筐体設計レベルから腐食性ガス対策を講じています。

対策済製品では、下記のような腐食性ガス対策を実施しています。

腐食性ガス対策

  • 基板樹脂コーディング
    内部基板には特殊なコーディングを施してガスから保護します。
  • 通風孔レス、ファンレス
    内部に腐食性ガスの流入を大幅に軽減しています。
  • 独自の放熱機構設計
    ガスの発生を抑えるために、温度や湿度条件をクリアしています。
  • 産業用電子部品や素材の採用
    部品レベルで腐食性ガス対策を講じています。

腐食性ガス対策製品

環境試験も実施して好成績を得ています

当社の腐食性ガス対策製品は規格に沿った環境試験による検証を行い、最高レベルのClass S3レベルでの評価を得ています。

「JEITA IT-1004産業用情報処理・制御機器設置環境基準」の腐食性ガス環境条件で合計評価点82点を獲得しました。温度・湿度が高くガスが多い環境Class S3では、合計評価点51点以上の性能を有しております。

腐食性ガスによる環境試験について

腐食性ガスによる環境試験

腐食性ガス対策製品ラインナップ

当社では、下記2製品が腐食性ガス対策製品となっております。

 

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.