Skip to main content
MENU

工場の機器が故障しやすい理由

工場内の機器が故障しやすいのは、「腐食性ガス」が原因かもしれません

工場内に設置されているIT機器が頻繁に故障したり、動作が安定しないといったトラブルに悩まされていませんか?その原因は「腐食性ガス」かもしれません。

「腐食性ガス」とは硫化水素、塩素、亜硫酸、亜硝酸、アンモニア等に含まれる物質を腐食させる影響を持った気体のことです。腐食性ガスが発生するような環境下では、ガスの影響により、設備の劣化が早まります。

腐食性ガスの影響

腐食性ガスが発生する場所

腐食性ガスは目に見えないうえに、防塵防爆対策だけでは対策できません。腐食性ガスが発生する原因は、このようなところに存在します。

排水管から漏れる腐食性ガス
排水管から漏れる
下水ガス
工場内で利用している化学薬品から揮発するガス
工場内で利用している
化学薬品から揮発するガス
工場の近くにある温泉や火山地帯から流れてくるガス
工場の近くにある温泉や
火山地帯から流れてくるガス

排出される腐食性ガス

こういったガスがわずか10億分の1のオーダーで存在し、機器の熱や多湿環境下になると、腐食の進行が一気に加速してしまうのです。

腐食の進行

腐食性ガス対策製品の導入で、システム停止による莫大な損失を回避

工場内で稼働しているIT機器は、高い安定性が求められますが、腐食性ガスが発生する環境においては、ガスが部品や基板を破損させてしまうので、未対策機器では寿命が著しく短くなってしまうのです。腐食性ガスという「見えない敵」は、想定しない工業環境等により発生し、機器が突然故障してしまい、業務が止まって莫大な損失を出してしまうこともあるのです。

工場内で利用される機器においては、腐食性ガス対策が講じられた機器を使うことは、お客様の装置やシステムを長期に渡って安心して利用していただくために必須な措置なのです。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.