Skip to main content
MENU

インターフェックス ジャパン 2017 に出展します。

2017/06/28 - 2017/06/30 , アクセスサッポロ

インターフェックス ジャパン 2017

ブース:E42-48

主な出展製品:新型金属検出機、カプセルチェッカ、重量選別機、X線検査機、選別部

複連用 重量選別機(オートチェッカ)

複連用 重量選別機(オートチェッカ)

1つの操作画面で、最大12連を一括管理

スティック包装された粒剤、包装前のアンプル剤など、多連式の充填ライン直後に同じ連数で質量チェックをします。新開発の高精度ばかりは耐振動性が当社比で2倍に向上、振動を受けやすい環境でも高精度を維持。薄型秤なので充填機のピッチと合わせやすく、乗り移りの姿勢の乱れを抑えます。不良品排除や充填包装機へのフィードバックは連ごとに行え歩留り向上に貢献、データ通信はCC-Linkにも対応しています。

SSVシリーズ 重量選別機(オートチェッカ)

SSVシリーズ 重量選別機(オートチェッカ)

15インチ大型モニター搭載。FDA 21CFR Part11対応

食品業界では国内No.1の納入実績を持つアンリツの重量選別機(オートチェッカ)。15インチの大画面による快適な操作性と、FDA 21CFR Part11で必要とされる適格者認証や、監査証跡、データ暗号化・復号化に対応しており、医薬品製造のお客様にも安心してお使いいただけます。さらに、スマートガイド機能によりSOPを支援します。

カプセルチェッカー

カプセルチェッカー

高精度の秤でカプセル剤を全数質量検査

業界最高レベルの選別精度(0.5mg)、最大処理能力23万個/時を実現したカプセル専用重量選別機です。生産性をさらに上げたい、高活性薬の全数検査などの目的に最適です。充填前のカプセルも独自のハンドリング技術で安定搬送・計量するので、新薬試験や治験の信頼性向上にも貢献します。FDAの21 CFR Part 11に対応しています。

Ⅹ線による包装不良検査

Ⅹ線による包装不良検査

包装の中まで見えていますか

カメラでは中身を見ることができない包装形態、たとえば、非透明包材のシール部にかみこんだ経皮吸収型製剤の噛み込み、両面アルミのブリスターパックされたタブレットの欠損や割れをⅩ線の透過検査でチェックします。

能書封入検査装置

能書封入検査装置

重さではチェックできない能書漏れを検出

磁気反射型金属検出機の原理を応用して、磁気インクで印刷をした能書が製品の包装箱に入れ忘れていないか、一枚余計に入っていないかをチェックして、異常がある場合は後段の選別機で系外排出します。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。