Skip to main content
V255 Bias Tee

広帯域バイアスT V255/W255MF/W255FM

255
光通信ネットワークにおけるパッシブ部品の高い電気的性能要件を満たすように設計されています。
概要

広帯域バイアスTは、光通信ネットワークにおけるパッシブ部品の高い電気的性能要件を満たすように設計されています。110 GHzまでの広い周波数帯域幅をカバーし、極めて低い挿入損失と非常に高いリターンロスを実現しているため、光変調器やブロードバンド・データ・ドライバのバイアス使用に最適です。

広帯域バイアスTは立ち上がり時間が速く、群遅延がフラットなため、ラボ環境で非常に正確なDUT測定が可能です。広帯域バイアスTはVコネクタまたはW1コネクタが標準で付属し、広い帯域幅にわたって優れたインピーダンス整合を保証します。

W1コネクタ広帯域バイアスTには、RF入力および出力のため次の2モデルがあります。W255MFのRF入力はW1(m)、出力はW1(f)、またW255FMのRF入力はW1(f)、出力はW1(m)です。

広帯域バイアスTへのDC信号は、3番目のポートのSMCコネクタを介して入力されます。他のバイアスTと同様に、この広帯域バイアスTにも1年間の保証が付いています。

  • 光通信の用途に理想的
  • 極めて低い挿入損失
  • 立ち上がり時間: <5ps
  • 高い電流容量
ライブラリ
画像
Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.