Skip to main content
MENU

MX707801A 自動制御ソフトウェア

W-CDMA、GSM、LTE FDD/TDD移動機の無線送受信試験を自動化(HSPA Evolution、DC-HSDPAにも対応)

自動制御ソフトウェア

概要

MX707801A 自動制御ソフトウェアは、W-CDMA、GSM、LTE FDD/TDD移動機の無線送受信特性を自動試験するソフトウェアです。

MX707801Aは、各専用ソフトウェアとMT8820C ラジオコミュニケーションアナライザを使用し、W-CDMA、HSDPA、HSUPA、HSPA Evolution、DC-HSDPA、GSM、GPRS、EGPRSおよびLTE FDD/TDD方式の移動機の無線送受信特性を自動試験することが可能です。

MT8820Cを制御することにより、以下規格に対応した試験の測定を実施できます。

  • W-CDMA、HSDPA、HSUPA、HSPA Evolution、DC-HSDPAの測定規格3GPP TS 34.121-1
    5章(送信試験)、6章(受信試験)
  • GSM、GPRS、EGPRSの測定規格3GPP TS 51.010-1
    13章(送信試験)、14章(受信試験)
  • LTE FDD/TDDの測定規格3GPP TS 36.521-1
    6章(送信試験)、7章(受信試験)

高速測定、簡易な操作性を実現しており、開発部門における連続試験や移動機認定試験の事前試験、生産ライン/品質保証部門でのロット毎の抜き取り試験などに最適なソフトウェアです。

カタログ (PDF:1.11MB)

注意事項

  • MX707801Aを使用し測定器を制御するためには、ナショナルインスツルメンツ社のNI-VISA(バージョン4.6以降)が必要です。
  • NI-VISAはナショナルインスツルメンツ社から入手してください。
  • NI-VISAのライセンスをお持ちでない場合は、ナショナルインスツルメンツ社から直接お買い求めください。

構成

システム構成例

自動制御ソフトウェア・システム構成図

形名 品名 備考
MX707801A 自動制御ソフトウェア ベースソフトウェア
MX707801A-001 W-CDMA 測定ソフトウェア W-CDMA測定に必要なオプション
MX707801A-002 HSDPA 測定ソフトウェア HSDPA測定に必要なオプション
MX707801A-001が必要
MX707801A-003 HSUPA 測定ソフトウェア HSUPA測定に必要なオプション
MX707801A-001、MX707801A-002が必要
MX707801A-004 HSPA Evolution 測定ソフトウェア HSPA Evolution測定に必要なオプション
MX707801A-001、MX707801A-002、MX707801A-003が必要
MX707801A-005 DC-HSDPA 測定ソフトウェア DC-HSDPA測定に必要なオプション
MX707801A-001、MX707801A-002、MX707801A-003、MX707801A-004が必要
MX707801A-011 GSM 測定ソフトウェア GSM/GPRS測定に必要なオプション
MX707801A-012 EGPRS 測定ソフトウェア EGPRS測定に必要なオプション
MX707801A-011が必要
MX707801A-021 LTE FDD 測定ソフトウェア LTE FDD測定に必要なオプション
MX707801A-022 LTE TDD 測定ソフトウェア LTE TDD測定に必要なオプション
MX707801A-UP010 アップグレードプログラムサービス バージョンアップ(有償)のオプション

特長

  • MX707801Aは、LTE FDD/TDD、W-CDMA、GSMなどの測定オプションから必要なものを組み合わせることで、測定内容に合わせた最適な構成とすることが可能です。
  • 3GPP TS 36.521-1 6, 7章・3GPP TS34.121-1 5, 6章・3GPP TS51.010-1 13, 14章に準じた試験方法を実施することができます。
    ※一部未対応項目、条件付対応項目があります。
    ※本製品は、3GPP規格に記載される手順に準じて試験を実施するものであり、認証を保証するものではありません。
  • ユーザの好みに応じて、試験方法および試験データ管理方法が自由に選択できます。
  • 試験手順の組み替えや試験パラメータの変更が容易に可能です。また、設定変更した試験実施時の各種動作条件はファイルとして保存でき、必要に応じて読み出して使用できます。
  • ソフトウェアのメイン操作画面では視覚による確認が容易に行えます。

機能

フレキシブルな測定シーケンス

  • ステップ測定や一括測定が可能です。
  • スペックやアベレージ回数等設定の変更が可能です。
  • スクリプト編集によるテストケースの選択が可能です。

パスワードによるテスト資産の保護

  • 管理者権限(パスワード指定)による編集権限により、スクリプトファイル等のテスト資産の保護が可能です。

サーチモードの搭載

  • 指定した条件における合否判定以外に端末の限界値調査に使用可能です。

出力データ管理機能

  • 測定結果をhtmlまたはCSVファイル形式での保存が可能です。
  • コンバータツールにより、お客さまの任意のフォーマットでの出力も可能です。
    ※フォーマットの変更はカスタマイズ受注扱いとなります。

一括測定による高速測定

  • MT8820Cの機能を使用することにより、一部試験を同時に測定することが可能です。

試験項目

MX707801A-001 W-CDMA 測定ソフトウェア

TRANSMITTER CHARACTERISTICS
5.2 Maximum Output Power
5.3 Frequency Error
5.4.1 Open Loop Power Control in the Uplink
5.4.2 Inner Loop Power Control in the Uplink
5.4.3 Minimum Output Power
5.4.4 Out-of synchronization handling of output power*1
5.4.4A Out-of-synchronisation handling of output power for a UE which supports type1 for DCH
5.5.1 Transmit OFF Power
5.5.2 Transmit ON/OFF Time mask
5.6 Change of TFC*2
5.7 Power setting in uplink compressed mode
5.8 Occupied Bandwidth(OBW)
5.9 Spectrum Emission Mask
5.10 Adjacent Channel Leakage Power Ratio(ACLR)
5.13.1 Error Vector Magnitude(EVM)
5.13.2 Peak code domain error*3
5.13.3 UE phase discontinuity
5.13.4 PRACH preamble quality*4
RECEIVER CHARACTERISTICS
6.2 Reference Sensitivity Level
6.3 Maximum Input Level

*1:Timing測定には対応しておりません。
*2:Template判定には対応しておりません。
*3:UL RMC 768 kbit/sの接続には対応しておりません(Single Codeに対応)。
*4:RACH Sub-channelと PRACH signatureは固定値です。繰り返し測定には対応しておりません。

MX707801A-002 HSDPA 測定ソフトウェア

TRANSMITTER CHARACTERISTICS
5.2A Maximum Output Power with HS-DPCCH(Release 5 only)
5.2.AA Maximum Output Power with HS-DPCCH(Release 6 and later)
5.2C UE relative code domain power accuracy
5.7A HS-DPCCH power control
5.9A Spectrum Emission Mask with HS-DPCCH
5.10A Adjacent Channel Leakage Power Ratio(ACLR)with HS-DPCCH
5.13.1A Error Vector Magnitude(EVM)with HS-DPCCH
5.13.1AA Error Vector Magnitude(EVM)and phase discontinuity with HS-DPCCH
5.13.2A Relative Code Domain Error with HS-DPCCH
RECEIVER CHARACTERISTICS
6.3A Maximum Input Level for HS-PDSCH Reception(16QAM)

注:MX707801A-002は、MX707801A-001が必要です。

MX707801A-003 HSUPA 測定ソフトウェア

TRANSMITTER CHARACTERISTICS
5.2B Maximum Output Power with HS-DPCCH and E-DCH
5.2D UE Relative Code Domain Power Accuracy for HS-DPCCH and E-DCH
5.9B Spectrum Emission Mask with E-DCH
5.10B Adjacent Channel Leakage Power Ratio(ACLR)with E-DCH
5.13.2B Relative Code Domain Error with HS-DPCCH and E-DCH

注:MX707801A-003は、MX707801A-001とMX707801A-002が必要です。

MX707801A-004 HSPA Evolution 測定ソフトウェア

TRANSMITTER CHARACTERISTICS
5.2E UE Relative Code Domain Power Accuracy for HS-DPCCH and E-DCH with 16QAM
5.13.1AAA EVM and IQ origin offset for HS-DPCCH and E-DCH with 16 QAM
5.13.2C Relative Code Domain Error for HS-DPCCH and E-DCH with 16QAM
RECEIVER CHARACTERISTICS
6.3B Maximum Input Level for HS-PDSCH Reception(64QAM)

注:MX707801A-004は、MX707801A-001、MX707801A-002およびMX707801A-003が必要です。

MX707801A-005 DC-HSDPA 測定ソフトウェア

RECEIVER CHARACTERISTICS
6.2A Reference Sensitivity Level for DC-HSDPA
6.3C Maximum Input Level for DC-HSDPA Reception(16QAM)
6.3D Maximum Input Level for DC-HSDPA Reception(64QAM)

注:MX707801A-005は、MX707801A-001、MX707801A-002、MX707801A-003およびMX707801A-004が必要です。

MX707801A-011 GSM 測定ソフトウェア

GSM TRANSMITTER
13.1 Frequency error and phase error*1
13.3 Transmitter output power and burst timing
13.4 Output RF spectrum*1, *4
13.9 Output RF spectrum for MS supporting the R-GSM band*1
GPRS TRANSMITTER
13.16.1 Frequency error and phase error in GPRS multislot configuration*1
13.16.2 Transmitter output power in GPRS multislot configuration*3
13.16.3 Output RF spectrum in GPRS multislot configuration*1, *4
GSM RECEIVER
14.2.1 Reference sensitivity - TCH/FS*1, *2
14.2.2 Reference sensitivity - TCH/HS(Speech frames)*2
14.2.7 Reference sensitivity - TCH/EFS*1, *2
14.2.9 Reference sensitivity - TCH/FS for MS supporting the R-GSM band*1, *2
14.2.10 Reference sensitivity - TCH/AFS*1, *2
14.2.18 Reference sensitivity - TCH/AHS*2
14.3 Usable receiver input level range*2
GPRS RECEIVER
14.16.1 Minimum Input level for Reference Performance*1, *2

*1:周波数ホッピングには対応しておりません。
*2:Fading環境には対応しておりません。
*3:Uaccess Burstには対応しておりません。
*4:2 MHz以上の測定は対応しておりません。

MX707801A-012 EGPRS 測定ソフトウェア

TRANSMITTER
13.17.1 Frequency error and Modulation accuracy in EGPRS Configuration
13.17.3 EGPRS Transmitter output power
13.17.4 Output RF spectrum in EGPRS configuration*1, *2
RECEIVER
14.18.1 Minimum Input level for Reference Performance
14.18.6 EGPRS Usable receiver input level range

注:MX707801A-012は、MX707801A-011が必要です。

*1:周波数ホッピングには対応しておりません。
*2:2 MHz以上の測定は対応しておりません。

MX707801A-021 LTE FDD/MX707801A-022 LTE TDD 測定ソフトウェア

TRANSMITTER CHARACTERISTICS
6.2.2 UE Maximum Output Power
6.2.3 Maximum Power Reduction(MPR)
6.2.4 Additional Maximum Power Reduction(A-MPR)
6.2.5 Configured UE transmitted Output Power
6.3.2 Minimum Output Power
6.3.4.1 General ON/OFF time mask
6.3.4.2.1 PRACH time mask
6.3.4.2.2 SRS time mask
6.3.5.1 Power Control Absolute power tolerance
6.3.5.2 Power Control Relative power tolerance
6.3.5.3 Aggregate power control tolerance
6.5.1 Frequency Error
6.5.2.1 Error Vector Magnitude(EVM)
6.5.2.1A PUSCH-EVM with exclusion period
6.5.2.2 Carrier leakage
6.5.2.3 In-band emissions for non allocated RB
6.5.2.4 EVM equalizer spectrum flatness
6.6.1 Occupied bandwidth
6.6.2.1 Spectrum Emission Mask
6.6.2.2 Additional Spectrum Emission Mask
6.6.2.3 Adjacent Channel Leakage power Ratio
RECEIVER CHARACTERISTICS
7.3 Reference Sensitivity Level
7.4 Maximum Input Level

注:SISOのみの対応となります。

導入効果

  • 各測定器に対する設定や、RF信号の出力などをソフトウェアで自動的に設定するため、使用者の設定ミスやタイミングの違いによる測定結果のばらつきが発生しません。
  • MX707801Aは、自動で試験項目を測定するため、人的コスト削減や作業効率アップに繋がります。
  • 任意の試験項目でスクリプトを組む事により、複数の試験を連続で実施し、総合判定を行うことができます。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。