Skip to main content
MENU

Wi-SUN Enhanced HAN 認証取得のお知らせ

2018/03/29

Wi-SUNプロトコル試験システム

Wi-SUN Enhanced HAN認証試験システムを開発、Wi-SUNアライアンスより認定を取得

アンリツエンジニアリング株式会社(社長 城野 順吉)は、Wi-SUNプロトコル試験システムの適用範囲をEnhanced HANコンフォーマンス試験に拡大し、初めてのWi-SUN Enhanced HAN向け認証試験装置としてWi-SUN®アライアンス[※1]より認定を取得しました。

この認定の取得により、本システムは Wi-SUN Enhanced HAN対応機器がWi-SUNロゴ認定を取得する際に必須となる規格適合性試験の実施が可能となります。これにより、今後のHEMS向け無線通信方式の主流として普及拡大するWi-SUN Enhanced HAN対応の通信機器・家電機器に対する相互接続性の確保に寄与します。

認定取得の背景

Wi-SUNアライアンスは、ECHONET Lite[※2]のメッセージ伝送のための920MHz帯無線通信方式としてIEEE802.15.4規格をベースとするHANプロファイルを規定し、2014年4月に国内スマートメーター向けのBルート仕様、続く2015年11月には宅内機器間通信のためのSingle-Hop HAN仕様を策定し、機器認証プログラムの運用を開始しました。

これにより、マルチベンダー環境における宅内機器間通信の相互接続性を確保し、国内におけるスマートハウス・ZEH推進を背景としたスマートメーター導入とHEMS普及をサポートしてきました。

さらに、Wi-SUNアライアンスはこれら規格の強化・拡張を行い、遮蔽物回避のための中継機能やバッテリ駆動機器の間欠動作をサポートするための機能強化を加えたEnhanced HAN規格の策定を推進し、この度その作業を完了しました。

これまで、アンリツエンジニアリングは、Bルート仕様とSingle-Hop HAN仕様のいずれにおいても、Wi-SUN規格策定に参画・推進するとともに、プロトコル認証試験機の開発・提供によりそれら認証プログラムにおける試験の実施・運用をサポートしてきました。

この度、その強化・拡張版であるWi-SUN Enhanced HAN規格[※3]への対応を行い、Wi-SUNアライアンスよりEnhanced HAN対応としては初めての認定を取得しました。

Wi-SUN HAN ネットワーク構成図

システム概要

認定されたシステム製品は、下記になります。

  • Wi-SUNプロトコルテスタ(CN7305A)
  • Wi-SUNプロトコルテストユニット(CN7307A)
  • Wi-SUN MAC コンフォーマンステスト-ソフトウェア/シナリオ(MX705012A、MX705012A-001、MX705012A-002)
  • ネットワークエミューレータおよびWi-SUN Extended HANプロファイル コンフォーマンステストシナリオパッケージ(MX702910A、MX702910A-005、MX702910A-007、MX702910A-010)

アンリツは、Wi-SUNアライアンスが開催する多数の相互接続試験イベントのすべてに試験装置サプライヤとして参加し、試験規格の策定とその検証に貢献するとともに認証試験装置[※4]としての成果と実績を積み重ねてまいりました。

このような活動を経て、Wi-SUNプロトコルテスターとレイヤ毎にシナリオで記述されたコンフォーマンステストソフトウェアによってWi-SUNアライアンスが規定するEnhanced HAN規格の全試験項目が実施可能であること、また適正な試験結果が得られることが実証されたことにより、Wi-SUNアライアンス認定試験機関における審査を通過し、2月10日にEnhanced HAN Profile認証試験装置に認定されました。

アンリツは、Wi-SUNプロトコル試験だけでなくPHY規格の認証試験装置も取り揃えており、スマートメーターおよびHEMS向け通信方式の主流として普及拡大するECHONET Lite機器に対して、Wi-SUNロゴ認証に必要なWi-SUN PHY および Wi-SUN Profile for Enhanced HAN standardsの認定試験・測定ソリューションを提供致します。販売は、日本国内販売に限定とさせていただきます。

用語解説

[※1] Wi-SUN®アライアンス
独立行政法人情報通信研究機構(NICT)の主導で設立され、スマートメーター等の通信仕様策定と相互接続性確保を目的として活動する国際業界団体。
Wi-SUNは、ワイヤレス スマート ユーティリティ ネットワーク(Wireless Smart Utility Network)の略称。
[※2] ECHONET Lite
主に家庭内の家電や情報機器をネットワークで結ぶための通信手順。家電機器の遠隔制御/モニタリング等に活用できるホームネットワークの基盤ソフトウェアおよびハードウェアの開発を進めているECHONETコンソーシアムによって仕様が策定され、ISO規格およびIEC規格として国際標準化されている。
本装置はECHONET Liteのアプリケーション層に関して認証試験機能を有するものではございません。
[※3] Wi-SUN Enhanced HAN規格
ECHONET Lite通信を対象としてIEEE802.15.4、IPv6/6LoWPAN、PANA等の構成によって下位レイヤのプロトコルを規定したWi-SUNアライアンスの技術仕様。国内スマートメーターのBルートに採用されたWi-SUN技術仕様に対して、1対N通信、中継機能および間欠通信機能などの強化・拡張を加え、宅内家電機器間の通信に適合させている。
[※4] 認証試験装置
Wi-SUNアライアンスが認定した試験機関において、認証申請端末に対する規格適合性試験および相互接続性試験を実施する際に使用することができるWi-SUNアライアンスから認定された試験装置。
本装置は国内限定販売となります。

関連リンク

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.