Skip to main content

無線LANの法的規制試験の最新動向

無線LANデバイスの普及拡大や、無線LANの6 GHz帯使用に向けた法整備化に伴い、各種法的規制試験の改定、新規策定が進んでいます。ここでは主要な法的規制試験の動向「ETSI EMC試験の最新規格」、「FCCの無線LANデバイスの要求であるFCC part15」、「ETSIの6 GHz帯対応機器に対する試験規格EN303 687の最新動向」について紹介します。

ETSIの最新規格が2022年7月から本格施行。
無線LANテスタ導入によりスムーズに対処可能です。

ETSI EMC試験

ETSI EMC規格であるEN 301 489-17 V3.2.4が2020年9月に改版され、良否判定の基準として新たにPacket Error Rate(PER)が用いられる事になりました。最新版規格が本格施行される2022年7月以降はEMC試験においてもPER測定が必須となります。そのような改定にともない、無線LAN搭載機器のCEマーキングへの適合試験にPER測定が求められるため、無線接続状態で効率よくPERを測定できる試験環境(無線LANテスタの導入)が必要になります。

「無線LAN製品の送信&受信性能評価に最適な測定器」はこちら

ETSI EMC試験

FCCの47 CFR(Code of Federal Regulations)part15 Subpart Eについて

北米では、FCCによって無線LANデバイスは下図のように区分され、その区分ごとの要求と制限が規定されています。AFC(Auto Frequency Coordination)は2021年11月時点で制度化にいたっていないため、AFC機能が不要な区分のデバイスから認証が始まっています。5.925-7.125 GHz周波数帯では次の表に記載されているように区分された試験が2020年からすでに施行されています。

FCCの47 CFR(Code of Federal Regulations)part15 Subpart E

以下の表は、認証が始まっているデバイスの無線信号品質にかかわる要求をFCCの規格より抜粋しています。

認証が始まっているデバイスの無線信号品質にかかわる要求をFCCの規格より抜粋

以下の表は、AFC運用が前提となるデバイスに対する要求です。

FCC規格にてAFC運用が前提となるデバイスに対する要求に対する表

ETSIのEN 303 687 6GHz帯法的規制試験について

ETSIでは6 GHz帯をサポートする無線機器に対する試験規格として、EN303 687の作成が進められていました。
2022年3月に最終版が承認され、その後Mature DraftとしてECと関連組織へ配布されています
施行(公開)は2023年3月頃に計画されています。
この日程は少し先のことのように感じるかもしれませんが、設備・試験環境等の準備期間としては決して長い期間ではありません。
6 GHz帯に対応した試験の準備はお済みでしょうか?

試験規格 EN303 687のスケジュール

6 GHz帯の試験項目は公開されていませんが、2.4 GHz/5 GHz帯で制定されている試験と似たような項目になるのではないかと予想されます。両バンドの試験規格同様にReceiver Blockingが定められた場合、簡単にPacket Error Rate(PER)測定が行える無線LAN測定器を使用することで、非常に効率よく性能評価を実施できます。

  • RF testing for 2.4 GHz-band:EN 300 328 4.3.2.11 Receiver Blocking
  • RF testing for 5 GHz-band:EN 300 893 4.2.8 Receiver Blocking

測定器のご紹介

ワイヤレスコネクティビティテストセット MT8862A(以下、MT8862A)は、無線LAN製品の送信&受信性能評価に最適な測定器です。
ETSI EMC試験で求められるPER測定を簡単に実行できるほか、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax規格にのっとったRF特性評価ができます。

MT8862A ワイヤレスコネクティビティテストセット

主要国・地域での法的規制試験の内容、試験項目、その測定方法については以下資料をご参照ください。

Download Leaflet & Guide

ETSI EN 301 489-17のImmunity試験に対応
無線LAN機器のPER測定に

内容

  • ETSI EN 301 489-17に追加されたPER測定の概要
  • Immunity試験の手順 および MT8862A設定概要
  • CEマーキングで必要とされるPER測定
MT8862A_ETSI EN 301 48917のImmunity試験に対応 無線LAN機器のPER測定に MT8862A_ETSI EN 301 48917のImmunity試験に対応 無線LAN機器のPER測定に

無線LAN 製品評価ガイド
~認証取得編~

内容

  • 無線LAN 機器の規格と認証
  • 日本・米国・EU 間での電波利用規定の相違
  • 規制認証の試験項目
MT8862A_無線LAN 製品評価ガイド~認証取得編~ MT8862A_無線LAN 製品評価ガイド~認証取得編~ MT8862A_無線LAN 製品評価ガイド~認証取得編~

*ETSI Work Programing: Work Programme - Work Item Detailed Report (etsi.org)
*FCC Office of Engineering and Technology : https://apps.fcc.gov/oetcf/kdb/forms/FTSSearchResultPage.cfm?id=277034&switch=P

その他ワイヤレスLAN設計ガイドはこちら >