Skip to main content
MENU

ダウンロードセンター

製品形名で検索

ドキュメントタイプ別

MP1595A 40 G SDH/SONET アナライザ

トリプルプレイ, FMCなどネットワークのブロードバンド化に伴って、コアネットワークの40 G化が始まっています。MP1595Aはアンリツがこれまで提供してきたSDH/SONETアナライザのノウハウを生かした先進の40 G SDH/SONETアナライザです。40 G SDH/SONET/OTNネットワーク, 装置の評価に必要とされる様々な測定をOne Boxで実現しています。

製品紹介 pdf 4.8 MB 2011/11/11

40 G/43 G ジッタ・ワンダ測定ソリューション

伝送装置, 光モジュール開発・製造市場向け、オールインワン40 G/43 Gジッタ・ワンダ測定ソリューション

リーフレット pdf 333.3 KB 2011/11/11

MP1595A 40 G SDH/SONET アナライザ

クラウドコンピューティングや携帯電話の高速化により、コアネットワークは40 Gの導入が盛んになっています。また海底ケーブルネットワークにおいても、これまでの10Gから40 Gへのアップグレードの計画が進んでいます。このように40 Gネットワークが広範囲に渡り普及することにより、さまざまなネットワーク機器の相互接続性の確保が必要とされています。これらネットワークの品質測定に、MP1595A 40 G SDH/SONETアナライザが適した測定ソリューションを提供します。

製品カタログ pdf 2.2 MB 2011/11/11

ポアソンエラー発生器の性能保証技術 -FEC能力による性能評価-

本ペーパでは、ITU-T O.182(OTN測定器規格)で採用された仮説検定の一種であるχ2 検定によるポアソン分布の適合度検定について説明します。

ホワイトペーパー pdf 1.2 MB 2010/02/15

40 G/43 G ネットワークにおけるベンダ独自FEC及び標準FECの評価

MP1595Aの持つランダムエラー挿入技術は、さまざまなFEC誤り訂正能力の検証を可能とする、世界標準に基づいたユニークな試験環境を提供します。

製品紹介 pdf 845.8 KB 2009/09/11

FEC能力の新しい評価技術 -新勧告 ITU-T O.182による測定規格-

本ホワイトペーパは、FEC 効果試験方法について分かり易く解説するとともに、幾つかのランダムエラー発生器を用いた場合の実験例を示しています。

ホワイトペーパー pdf 209.4 KB 2009/09/11

MU150135A 10 G/10.7 G オプティカルユニット(XFP)

MU150135A 10 G/10.7 G オプティカルユニット (XFP)は、MP1590B, MP1591A に10/10.7G の光インタフェースを実装するためのユニットです。これまでMP1590B, MP1591Aで10 G/10.7 Gの光インタフェースを実装するためにはMU150121A 10 G/10.7 Gオプティカルユニット(Tx), MU150122Aオプティカルユニット(Rx narrow)の2 ユニットを挿入する必要がありました。MU150135A はXFP トランシーバを使用することで10 G/10.7G の送信と受信を1 ユニットに収め、省スペース, 低価格化を実現しています。

リーフレット pdf 144.6 KB 2009/09/11

MP1595A 40 G SDH/SONET アナライザ (SDH編)

MP1595A 40 G SDH/SONETアナライザ Quick Start Guide (SDH/SONET編)です。

クイックリファレンスガイド pdf 1.3 MB 2009/09/11

ドキュメントタイプ別

レコードが見つかりません

製品カテゴリ別

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。