Skip to main content
MENU

ダウンロードセンター

製品形名で検索

ドキュメントタイプ別

MX370x シリーズ ソフトウェア - IQproducer MX3701xxA

「波形生成ソフトウェア IQproducer」は、各種通信方式に沿ったソフトウェアがあり、対応する通信方式の波形データのパラメータ設定を行い、MG3710Aで使用できる波形パターンファイルを生成できます。MG3710A内蔵のWindows上でIQproducerを起動することで、生成された波形パターンファイルはMG3710A内部のハードディスクに保存され、波形パターンを選択することで信号を出力できます。さらに、一般のElectronic Design Automation[EDA](MATLABなど)で生成されたASCII形式のIQサンプルデータファイルを MG3710A用波形パターンファイルに変換できるため、任意の波形パターンファイルを使用できます。

製品カタログ pdf 6.9 MB 2019/10/08

MX370x シリーズ ソフトウェア - 波形パターン MX3700xxA

「波形パターン」には、各種通信方式に沿ったパラメータがあらかじめ設定された複数の波形パターンファイルが収録されています。標準で内蔵されている波形パターンは、MG3710Aのハードディスクに内蔵されているため、自由に利用できます。さらに別売の波形パターンオプションも用意しています。

製品カタログ pdf 2.9 MB 2019/10/08

MG3710A/MG3710E ベクトル信号発生器 MG3740A アナログ信号発生器 取扱説明書

MG3710A/MG3710Eは,ディジタル移動体通信のシステム・デバイス・機器の研究・開発から製造まで幅広い用途で使用できる,任意波形発生機能を持つベクトル信号発生器です。 MG3740A は,アナログ無線基地局,端末,デバイスの開発から製造まで幅広い用途で使用できる,アナログ信号発生器です。

取扱説明書 pdf 24.6 MB Version: 17 2019/09/26

MG3710A/MG3710Eベクトル信号発生器 MG3740Aアナログ信号発生器ヘルプファイル

MG3710A/MG3710Eベクトル信号発生器 MG3740Aアナログ信号発生器ヘルプファイル
※正しくヘルプファイルが表示されない場合は、ファイルを右クリックして表示されるプロパティで、セキュリティのブロック設定を解除してください。

取扱説明書 zip 11.4 MB Version: 18 2019/09/26

市町村デジタル同報通信システム TYPE2の送受信特性評価方法(ARIB STD-T115 第1編 4値FSK方式)

本資料は、弊社測定器を用いて市町村デジタル同報通信システム TYPE2(ARIB STD-T115)の送受信特性評価をおこなうための機能および操作手順などの一例を示します。

製品紹介 pdf 3.7 MB 2019/09/04

市町村デジタル同報通信システム TYPE2の送受信特性評価方法(ARIB STD-T115 第2編 QPSKナロー方式)

本資料は、弊社測定器を用いて市町村デジタル同報通信システム TYPE2(ARIB STD-T115)の送受信特性評価をおこなうための機能および操作手順などの一例を示します。

製品紹介 pdf 3.4 MB 2019/09/04

5G NR sub-6 GHz 測定方法

5G(第5世代移動通信システム)は、増加するモバイルデータトラフィック容量に対応する他に多数接続、超低遅延といった新たな機能を持つ次世代通信システムです。 標準化仕様を規定する3GPPは、2018年6月のRelease15にて、LTEなど複数の無線技術を介して接続する5G NRノンスタンドアローンの仕様を策定しました。 Release15では、52.6Gzまでの周波数帯を想定し、450 MHz~6000 MHzをFR1(Frequency Range 1)、24.25 GHz~52.6 GHzをFR2(Frequency Range 2)として無線性能が規定されています。FR1では従来の無線技術と同様に有線試験を前提とした仕様になっていますが、FR2ではOTA(Over the Air)を前提とした仕様になっています。 このアプリケーションノートでは、3GPPのコンフォーマンステスト規格であるTS38.104、TS38.141を参照し、FR1をカバーするsub-6GHz帯基地局の有線接続での送信・受信試験の測定例をシグナルアナライザ MS2850A、ベクトル信号発生器MG3710Aを用いて紹介します。

アプリケーションノート pdf 2.2 MB 2019/08/21

無線LAN製品の国内電波法の概要紹介 - 5.2 GHz/5.3 GHz/5.6 GHz帯を使用する無線機 -

5.2 GHz/5.3 GHz/5.6 GHz帯を使用する無線機に関する国内の電波法の測定項目(概要)および弊社シグナルアナライザ MS2830A/MS2840Aを用いた測定画面の一例などをご紹介します。

製品紹介 pdf 2.7 MB 2019/08/21

MX370113A/MX269913A 5G NR TDD sub-6GHz IQproducer 取扱説明書

MG3710A は,デジタル移動体通信のシステム・デバイス・機器の研究・開発から製造まで幅広い用途で使用できる,任意波形発生機能を持つベクトル信号発生器です。
MG3710A は以下の特徴を持ち,現存する主要な移動体通信から次世代の移動体通信まで,1 台で対応することができます。

取扱説明書 pdf 2.6 MB Version: 2 2019/03/06

MX370073B DFS レーダパターン 取扱説明書

MX370073B DFS レーダパターン (以下,本波形パターン) は,TELEC-T403 第12.1 版およびFCC06-96 (Released : June 30 , 2006) , FCC13-22 (Released:February 20,2013) のDFS 試験に準拠した標準的な波形パターン を収録しています。 MG3710A ベクトル信号発生器 (以下,本器) に本波形パターンをダウンロードす ることにより,受信機動的周波数選択 (DFS) 試験で使用するレーダ電波試験信 号を発生することができます。 本波形パターンを使用するには,使用する本器のシリアル番号に対応したライセン スが必要です。本波形パターンを複数の本器で使用する場合は,使用する台数分 の本波形パターンを購入していただく必要があります。

取扱説明書 pdf 4.1 MB Version: 1 2019/03/06

DFS レーダパターン MX370073A / MX370073B

ベクトル信号発生器 MG3710Aに、DFSレーダパターン MX370073A/MX370073Bをインストールすることにより、日本の電波法およびFCC06-96、FCC13-22のDFS試験に準拠した信号を出力できます。  DFS試験では、パルス・チャープ・ホッピングといった信号を複雑な組み合わせで出力する必要がありますが、MG3710Aでは用意されているファイルを選択するだけでそれらの信号を簡単に出力できます。

製品紹介 pdf 1.6 MB 2018/12/19

5 GHz帯 WLANデバイスのDFS試験に - 日本の電波法、ETSI、FCC規格をサポート

ベクトル信号発生器 MG3710Aに、DFSレーダパターン用ソフトウェア MX370073A/MX370073B および MX370075A をインストールすることにより、日本の電波法、FCC06-96、FCC13-22、ETSIのDFS試験に準拠した信号を出力できます。

リーフレット pdf 608.8 KB 2018/12/19

ベクトル信号発生器 MG3710A

MG3710Aは、周波数上限6 GHz, RF変調帯域幅120 MHzのベースバンド発生器を内蔵した、任意波形のベクトル信号発生器です。 LTE FDD/TDD, W-CDMA, GSMなどセルラ通信はもちろん、WLAN, WiMAX, Bluetooth, GPS, 狭帯域通信など、さまざまな無線システムの信号を出力できます。

製品カタログ pdf 4.8 MB 2018/12/19

ベクトル信号発生器 MG3710A

ベクトル信号発生器 MG3710Aの構成ガイドです。

構成ガイド pdf 1.2 MB 2018/12/19

5G NR TDD sub-6GHz IQproducer MX370113A / MX269913A

5G NR TDD sub-6GHz IQproducerは、3GPPに規定されている5G NR FR1 仕様に準拠したsub-6GHz対応のアップリンクとダウンリンクの波形パターンを生成するためのベクトル信号発生器用PCアプリケーションソフトウェアです。 本書は、5G NR TDD sub-6GHz IQproducerの特長、対応機種の紹介、対応機種の特長を生かした活用例を説明しています。

製品紹介 pdf 1.8 MB 2018/11/27

シグナルアナライザ・信号発生器のセキュリティポリシーについて

本書は、Windows搭載のシグナルアナライザ・信号発生器について、システムを最新で安全な状態に維持するために、 お客様に実施して頂く内容や操作手順が記載された取扱説明書の参照先、そして対象となる機種と構成を説明しています。

リーフレット pdf 805.8 KB 2018/09/14

Windows 搭載測定器のウイルス対策

アンリツでは、Windowsオペレーティングシステムを搭載した測定器へのコンピュータウイルス感染を防ぐための対策を講じています。このホワイトペーパーでは、お客様の測定器をコンピュータウイルスから保護するための方法をご紹介します。

ホワイトペーパー pdf 1.0 MB 2018/06/06

ベクトル信号発生器 MG3710A

MG3710Aは、周波数上限6 GHz、RF変調帯域幅120 MHzのベースバンド発生器を内蔵した任意波形のベクトル信号発生器です。LTE FDD/TDD、W-CDMA、GSMなどセルラ通信はもちろん、WLAN、WiMAX、Bluetooth、GPS、狭帯域通信など、さまざまな無線システムの信号を出力できます。

製品紹介 pdf 5.7 MB 2018/05/30

DFS(ETSI)波形パターン MX370075A

ベクトル信号発生器 MG3710A に、DFS(ETSI)波形パターン MX370075A をインストールすることにより、ETSI EN 301 893 のDFS試験に準拠した信号を出力できます。パルス・チャープといった信号を複雑な組み合わせで出力する必要があるDFS試験信号に対し、MX370075Aでは用意されているファイルを選択するだけでそれらの信号を簡単に出力できます。

製品紹介 pdf 1.0 MB 2018/04/18

簡易無線・業務無線の送受信評価に - アンリツ旧モデルに対する推奨代替機種の紹介

狭帯域無線(簡易無線や業務無線など)の送受信評価のために弊社の旧型機種をご使用されているお客様へ、後継機種をご紹介いたします。
旧型機種
送信機テスタ MS8608A/MS8609A、スペクトラムアナライザ MS2681A/MS2683A、ベクトル信号発生器 MG3700A
後継機種
シグナルアナライザ MS2830A、ベクトル信号発生器 MG3710A、アナログ信号

リーフレット pdf 1.3 MB 2017/11/21

ドキュメントタイプ別

ソフトウェアダウンロードサービス

お客様がお持ちの製品ファームウェアや、最新の関連ソフトウェアがダウンロードできます。(本ダウンロードサービスを利用するには、本サービスへの製品登録が必要です。)

ドライバ/ソフトウェアのダウンロード 2019/09/26

MG3710A LabVIEW Driver

MG3710A LabVIEW Driver ※MG3710Aの制御を行う場合はMG3700AのLabView Driverをあわせて ダウンロードの上ご利用ください。

ドライバ/ソフトウェアのダウンロード 2.54 MB 2013/01/31

MG3700A LabVIEW Driver.

MG3700A LabVIEW Driver ※MG3710Aの制御を行う場合はMG3700AのLabView Driverをあわせてダウンロードの上ご利用ください。

ドライバ/ソフトウェアのダウンロード zip 3.8 MB 2012/09/18

製品カテゴリ別

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.