Skip to main content

業界最小クラス400Gネットワークテスタ MT1040A

mt1040s-main-image

ネットワークマスタ プロ MT1040Aは400Gイーサネットに対応したポータブル測定器です。400Gイーサネットは主にデータセンタ内の通信で利用されていました。一方、5GやIoTの普及に伴い、さまざまなアプリケーションがネットワークを通じて提供されるようになり、エリア間、都市間などのネットワークでも400Gイーサネットの利用が始まっています。ネットワークマスタ プロ MT1040Aは400Gイーサネットの評価を手軽に行えます。

  • Small:業界最小クラスの筐体に、QSFP-DDおよびOSFPをダイレクト実装でき、10M~400Gを1筐体で実現。
  • Flexible:OTDRモジュールと組み合わせたフィールド用途、400G 2ポートのラボ用途など場合に応じた試験が可能。
  • Powerful:400G FEC corrected Symbol Error 分布をグラフィカルに表示。設定から結果取得までをOneボタン化し、効率の良いField試験に貢献。
【動画】400Gネットワークテスタ MT1040A 1分00秒 BGMあり
400GネットワークテスタMT1040Aの特長について紹介しています。

Small:MT1040Aの測定インタフェース

MT1040Aは片手で運べるサイズの筐体に9インチスクリーンを搭載したタッチパネル操作のフィールド測定器です。測定インタフェースは10M~400Gまでのインタフェースを1枚の測定モジュールでサポートします。なお、400GイーサネットとしてQSFP-DDもしくはOSFPから選択できます。

MT1040A_400G_Module

インタフェース イーサネット OTN CPRI/OBSAI SDH/SONET FC
QSFP-DD*1 400GbE - - - -
OSFP*1 400GbE        
QSFP28 100GbE OTU4 - - -
QSFP+ 40GbE OTU3x - - -
SFP28/SFP+/SFP 25GbE/10GbE/GbE OTU2x/OTU1x CPRI 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10
OBSAI 1x/2x/4x/8x
STM1 to 64
OC-3 to 192
1 to 16G FC
RJ45 10/100/1000M - - - -
*1:インタフェースは選択できます。

Flexible:フィールドでもラボでも

MT1040Aはこの400Gモジュールに加え、光ファイバの回線保守が行えるOTDR測定モジュールを組み合わせて測定できます。これにより、現場に複数の測定器を持ち込む必要がなくなり、荷物軽減にも貢献します。

外観 モジュール品名
MT1040A_400G_Module 400Gマルチレートモジュール
MT1040A_OTDR_Module OTDRモジュール

MT1040Aは測定モジュールを組み合わせることでさまざまな現場で利用できます。
2台のMT1040Aを利用することで、遠隔地の測定ができます。

MT1040A_Ethernet_End_to_END

フレームロス、フレームロスレート測定
スループット測定
レイテンシ 測定(GPSと組合せ)
パケットジッタ 測定

またOTDRモジュールや光ファイバスコープも実装できます。

さらにMT1040Aを2台同期させることで、400Gクライアント回線やラボでの400G装置の評価ができます。

End to End BER 測定
スループット測定
レイテンシ測定
パケットジッタ測定
FEC評価
LFS評価

MT1040Aを2台同期させることで、400Gクライアント回線やラボでの400G装置の評価が可能

このようにMT1040Aはさまざまな環境で最適な試験が行えます。

Powerful:400Gイーサネットを効率的に評価

400GbpsはDVDビデオ約400枚のデータを1秒間に転送できるスピードです。この転送スピードにおいても品質を確保しながら低コストで運用するためにFEC(前方誤り訂正)が利用されます。
FECは多少のエラーが発生してもパケットそのものがエラー訂正を行う技術で、信頼性の高い通信を行うときに利用されます。しかし、FECはどんなエラーでも訂正できる万能技術ではありません。FECによるエラー訂正が増えていても、通常の通信は行えるため、エラー訂正できなくなった時には復旧が困難なケースも発生します。このため、FECのエラー訂正の頻度はスループットや遅延測定と同様に建設時だけではなく、運用中も確認すべきパラメータとなります。
MT1040AはFECの誤り訂正状況をリアルタイムに観測できる機能を実装しています。

MT1040A_FEC_Test.
MT1040A

この機能を利用することで、ネットワークのエラー箇所があらかじめ確認できるようになり、トラブルを未然に防ぐことができます。
また、MT1040Aは400Gモジュールを2枚組み合わせて試験が可能です。光トランシーバやDAC/AOCなどを運用前に試験することで良品判定が行えます。

フィールド試験の簡略化し、より効率的に

フィールドの作業者はベテランから初心者までさまざまです。現場では、手順書を見ながら測定器の設定、結線方法などを行います。MT1040Aは手順書の記載内容に沿った試験を実行できるSEEK機能を搭載。MT1040A単体でパラメータ設定、測定、結果保存、合否判定を自動で行えます。MT1040Aが自動で行うため、効率的な作業が行えます。詳細はこちらをご覧ください。

MT1040A_自動試験

遠隔操作による工事・保守業務の効率化

データセンター(DC)は、大規模なDCから、都市部のビルなどにある小規模なDC(メトロDC)を、メッシュ状にネットワーク接続し、1つの仮想的DCとして運用する形態が増えています。このようなメトロDCは、広大なスペースを確保することなく、都市部でも比較的安価に構築できます。

データセンター構築・運用形態の変化
データセンター構築・運用形態の変化

このようなDCI(データセンターインタコネクト)を一度に検証するため複数の拠点で評価を行えることが理想ですが、人材の確保が難しい場合もあります。MT1040AはMX109020Aを利用したリモート操作ができます。現場作業者に十分な知識がなくてもオフィスの責任者が複数現場にある測定画面を直接確認できるため作業効率に貢献できます。詳細はこちらをご覧ください。

MT1040AはMX109020Aを利用したリモート操作ができます。

ネットワークマスタ プロ MT1040Aについてさらに詳しく

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.