Skip to main content
MENU
MX280007A Software

モバイル・インターフェアレンス・ハンター™

MX280007A - Software
概要

アンリツのモバイル・インターフェアレンス・ハンター™システムを使用すると、重度のマルチパスが発生するビルの谷間を含む多様なRF環境において、広範な電力レベルにわたって、多くの種類の妨害波発生源の位置を検出できます。方向検出に移動性が加わることで、短時間でより多くの測定値の収集ができます。


インターフェアレンス・ハンター™システムの構成

必須:

  1. インターフェアレンス・ハンター™ソフトウェア MX280007A
  2. アンリツのハンドヘルドスペクトラムアナライザ(対応アナライザについては、「対応測定器」タブを参照してください。)
  3. Windowsタブレット/ラップトップ(「PC要件」タブを参照してください。)
  4. USB A – 5ピン mini-Bケーブル(アンリツP/N 3-2000-1498または同等品)


推奨:

  1. 取り付け用金具(2000-1801-R)
  2. RF/GPSアンテナ(2000-1647-R)
  3. GPSアンテナ(2000-1528-R)(RFアンテナに組み込まれていない場合)
  4. ポータブルスピーカ
  5. オーディオケーブル

アンリツのモバイル・インターフェアレンス・ハンター™ソフトウェアのアルゴリズムは、特許申請中です。このアルゴリズムでは、POA(Power-Of-Arrival)方式を使用して、妨害波を迅速に計測し、その発生源を検出します。妨害波発生源へユーザを案内するために、地図には方向を示す矢印が表示されます。示される方向の精度はGPSテクノロジで高められ、測定車の位置と走行経路が正確に特定されます。また、音声ガイドを利用することで、運転中に地図を見る必要は最小限で済みます。このため、単独作業も楽に行えます。音声ガイドは、タブレット本体で再生することも、オーディオケーブルを介してカースピーカシステムで聞くこともできます。カーステレオとタブレットにBluetooth機能が搭載されている場合は、Bluetoothワイヤレステクノロジも使用できます。Bluetoothを使用する場合は、インターフェアレンス・ハンター™で測定する周波数が2.4 GHz帯にならないよう、注意してください。

インターフェアレンス・ハンター™アルゴリズムには、チャネル電力測定が取り入れられています。この機能によって、広帯域の変調信号から狭帯域やCWに至るまで、多様な種類の信号探索がおこなえます。ユーザが簡単に目的の信号に適したチャネルパワー帯域幅に設定できます。

十分な測定結果が蓄積され、マルチパスに対してフィルタリングが行われると、妨害波発生源の推定位置を示す円が地図に表示されます。円の直径は測定値が多いほど小さくなり、信号特定の精度が高まります。走行の軌跡には、青や赤の点が地図に表示されますが、その色は信号の強度に比例しています。

インターフェアレンス・ハンター™画面。走行経路に沿って表示される点の色は、信号強度に比例します。

モバイル・インターフェアレンス・ハンター™システムのセットアップは、スペクトラムアナライザとWindowsタブレットをUSBケーブルで接続するだけです。起動すると、スペクトラムアナライザは、自動的にチャネル電力モードになります。作業者が設定する項目は、周波数やチャネル帯域幅など、ごくわずかです。該当のOpenStreetMap™が、ユーザによってプログラムにロードされます。または、Google Maps™を利用することもできます(妨害波探索時には、インターネットにアクセスできる必要があります)。

単独作業ができるように、カーナビシステムのように、ダッシュボード上にタブレットPCを取り付けられます。音声ガイドによる妨害波の位置に向かう指示は、カースピーカシステムで聞くことができます。

自動車のダッシュボードに取り付けられたWindows® PCタブレット上のモバイル・インターフェアレンス・ハンター™

妨害波発生源に近づいたら、アンリツのハンドヘルドスペクトラムアナライザと、八木アンテナなど、指向性アンテナを使用して、妨害波発生源を突き止めます。妨害波発生源を突き止める作業の際は、MA2700Aハンドヘルドインターフェアレンス・ハンター™装置の使用を、強くお勧めします。

PC要件

モバイル・インターフェアレンス・ハンター™システムは、Windows 7またはWindows 8オペレーティングシステムで動作します。タッチスクリーン機能があるため、Windows 8が推奨されます。

Windowsタブレット/PCの最小要件

  • デュアル/クアッドコアCPU(> 1 GHz)
  • 2 GB RAM
  • 32 GB オンボードメモリ
  • タブレット(モニタ)の場合、1 USBポート – 標準のUSBポートがない場合は、OTGケーブルを使用可能
  • オーディオジャック

対応測定器

対応測定器

製品群 機種
BTSマスタ
MT8220T
MT8221A
MT8221B
MT8222A
MT8222B
セルマスタ
MT8212E
MT8213E
LMRマスタ
S412E
サイトマスタ
S332E
S362E
スペクトラムマスタ
MS2721B
MS2722C
MS2723C
MS2724C
MS2725C
MS2726C
MS2711E
MS2712E
MS2713E
MS2720T
VNAマスタ
MS2034B
MS2035B
MS2036C
MS2037C
MS2038C
ライブラリ
ビデオ
モバイルインターフェアレンスハンティングシステム

モバイル・インターフェアレンス・ハンティングシステム
モバイルインターフェアレンスハンティングシステムは、市販のアンテナを使い、迅速かつ効率的に妨害波の特定を行うことが出来ます。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.