Skip to main content
Remote Spectrum Monitor MS27102A

リモートスペクトラムモニタ

MS27102A
Overview

MS27102Aは、干渉問題の軽減と、違法無線の識別という両方の目的で設計されたリモートスペクトラムモニタです。MS27102Aは、屋外に設置するために、過酷な環境でも使用可能な全天候型IP-67筐体が使用されています。RF入力は1つですが、オプションで2番目のポートを追加して、2本のアンテナで使用できます。MS27102Aは、ユーザーが指定する周波数の信号を監視および記録する、多機能なプラットフォームです。

この検出部の掃引速度は最大24 GHz/sで、多くの種類の信号をキャプチャできます。これには、周期的な伝送や不定期な伝送に加えて、短い「バースト」信号も含まれます。MS27102AはFFT帯域幅が20 MHzであり、信号を広帯域で高速でキャプチャして、後処理することができます。IQキャプチャは、ブロックモードとストリームの両方で記録できます。「Save On Event」機能も備えているため、ユーザーが設定可能な特定のしきい値に違反した場合のみ、スペクトラム測定値をキャプチャすることもできます。これによって、目的の信号のみがキャプチャおよび記録されるため、メモリ領域の節約になります。

リモートスペクトラムモニタとの通信
MS27102Aとの通信には、さまざまな方法を使用できます。その方法は、以下のとおりです。

1. 内蔵Webサーバー
MS27102Aには、Webサーバが組み込まれています。インターネットブラウザ(ChromeやFireFoxをサポート)を使用することで、ユーザーは世界のどこからでもスペクトラムモニタにログインし、そのすべての機能を制御できます。これには、周波数の設定、RBW/VBWの制御、リファレンスレベルの設定をはじめ、スペクトラム監視に関連するその他の多くの設定が含まれます。同時にブラウザで、トレースデータ、スペクトログラム、および他の測定値を表示できます。Webサーバの主な利点は、オペレーティングシステムのプラットフォームに依存しないことです。ブラウザを表示できる電子端末であれば、MS27102Aの組み込みWebサーバと連携できます。PC/ラップトップ、タブレット、そしてスマートフォンで、スペクトラムを表示し、リモート機器の設定を変更できます。MS27102Aはギガビットイーサネットにも対応しているため、測定データと制御情報を高速で伝送できます。

2. SCPIプログラミング
ユーザーは、利用可能なSCPIコマンドを使用して、独自のモニタリングプログラムを作成することもできます。各SCPIコマンド、コマンドの説明、およびコマンドの正しい構文が載ったユーザーマニュアルも用意しています。また、IQデータ出力には、高精度のGPS信号を使用してタイムスタンプが付けられます。このため、ユーザーは、複数のMS27102Aを配置した場合、TDOA(Time Distance of Arrival)アプリケーションでこのIQデータを使用して、信号発生位置を地理的に把握できます。IQデータのタイムスタンプ分解能は、正確な信号位置計算で9ナノ秒未満です。

3. Vision™アプリケーションソフトウェア
MS27102Aのオプションとして、Vision™ソフトウェアもあります。Visionはハードウェアと連携して測定データの収集を自動化して、監視している通信ネットワークの状態やスペクトラムの使用状況に関する情報を提供します。Visionは、干渉信号を監視および探索する以下の2つの機能で構成されています。

  1. ビジョンモニタ(オプション400)
  2. ビジョンロケート(オプション401)

ビジョンモニタは、スペクトラムデータの自動記録、検出信号の履歴管理、異常信号に対するアラーム機能および電子メールの自動送信、およびスペクトラムモニタリングシステムを管理する一連のツールを提供します。

ビジョンロケートには、干渉信号または違法/無免許信号の発信位置を推定する機能があります。信号位置を正確に探索するには、3台以上のモニタを使用する必要があります。Vision製品の詳細については、アンリツのWebサイトを参照してください。

主な特長

  • 9 kHz~6 GHz
  • 掃引速度は最大24 GHz/s
  • 内蔵Webサーバーにより、Webブラウザ経由で測定を表示、制御、実施。(ChromeとFireFoxをサポート)
    *:Google および Google ロゴ、Google Chrome、Google Chrome ロゴ は、Google Inc.の商標、または登録商標です。
    *:Firefox(R) は、米国 Mozilla Foundation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ファームウエアの更新を遠隔操作で実施可能
  • ウォッチドッグタイマにより、遠隔地に配置されたモニタ機器の長期間の安定動作を保証
  • 屋外設置用IP67規格
  • Linuxオペレーティングシステム
  • 信号の発見に適した低スプリアス
  • 20 MHz FFT帯域幅
  • 低消費電力 < 11 W(入力電圧11~24 VDC)
  • 場所と時間の同期アプリケーションで使用するGPS受信機内蔵
  • 高速伝送を実現するギガビットイーサネット
  • 干渉解析:スペクトログラムと信号強度
  • ダイナミックレンジ:> 106 dB(1 Hz BWに正規化)
  • 表示平均雑音レベル(DANL):< -150 dBm(1 Hz RBWに正規化、プリアンプON)
  • 位相雑音:-99 dBc/Hz @ 10 kHz オフセット (1 GHzにおいて)
  • タイムスタンプが付けられるIQブロックモードおよびストリーミング(TDOAアプリケーション用)
  • オプションのVisionソフトウェア(スペクトラム測定の自動化、アラームの設定、信号発生源の推定)

MS27102Aのアプリケーション
MS27102Aは、屋外環境用に設計されています。通常、このような計測器は、無線の調査および監視を目的に、永久的または半永久的に配置されます。政府の規制当局は、多くの場合、屋外モニタを使用して周波数政策を実施します。典型的な使用事例では、20 MHzのFFT帯域幅機能を使用して、FM放送帯域全体をキャプチャするような場合です。その後、ユーザーは、違法電波などを調べることができます。この他にも、次の目的で利用できます。

  • スペクトラム占有の測定
  • 刑務所/拘置所における違法放送の監視
  • 公共施設、空港などにおけるセキュリティ
  • RF研究施設におけるスペクトラムの監視
  • 違法な送信機の検出
  • 列車運行管理システム(PTC)の監視
  • 9 kHz~6 GHz
  • 屋外設置用IP67規格
  • 掃引速度は最大24 GHz/s
  • 内蔵Webサーバーにより、Webブラウザ経由で測定を表示、制御、実施
  • ウォッチドッグタイマにより、遠隔地に配置されたモニタ機器の長期間の安定動作を保証
  • 信号の発見に適した低スプリアス
  • FFT帯域幅20 MHz
  • RF入力ポート2、4、6のオプションを用意

PCベースのベクトル信号解析(VSA)ソフトウェア。スペクトラムアナライザ(オプション0128搭載)でキャプチャしたIQデータを使用します。

アンリツのスペクトラムアナライザ(オプション0128搭載)に対応したPCベースのMX280005A ベクトル信号解析ソフトウェアは、さまざまな伝送規格の物理レイヤ変調品質を解析できます。航空宇宙、公共安全(TETRA)、衛星通信、民生用電子機器(ZigBee、Wi-Fi)など幅広い分野に対応しています。

通常、ワイヤレス通信システムの設計/製造段階ではベンチトップ機器を使用して、信号変調品質を測定します。IQキャプチャ機能(オプション)とMX280005Aソフトウェアを使用すると、この信号変調品質をフィールド環境でも検証が可能になります。
MX280005Aはフレーム信号とアンフレームド信号の両方をサポートしています。フレーム信号解析では、公共安全(TETRA,P25,DMR)、航空宇宙、衛星通信を含めた幅広いワイヤレス信号をデコードします。アンフレームド信号解析では、DQPSK、QAM、ASK、FSKなどの連続変調を解析できます。
MS2090Aは、帯域幅110 MHzまでのIQキャプチャをサポートしており、そのため狭帯域通信信号や広帯域衛星ダウンリンク信号を、同じMX280005Aアプリケーションでキャプチャして解析できます。
MS2710XAシリーズはフレーム信号解析には対応していません。

MX280005Aソフトウェアは、イーサネット経由でIQデータキャプチャをトリガできます。また、手動でもデータキャプチャをトリガできます。MX280005Aは、信号スペクトラム、EVM、コンスタレーションダイアグラム、アイダイアグラム、数値結果テーブルなど、複数の解析結果を表示します。解析結果ウィンドウを複数同時に表示できるため、送信機のあらゆる性能を包括的に把握できます。

アプリケーション
  • 違法または無免許のAM/FM/セルラ放送の検出
  • 重要施設や場所の電波監視(政府施設、原子力発電所など…)
  • 空港の電波監視(多くの場合、通信周波数がFM帯域に隣接)
  • 刑務所/拘置所における違法放送の監視
  • 列車運行管理システム(PTC):列車用の通信チャネルの監視による通信の維持確保
  • ケーブルテレビ:外部環境やケーブルシステムへの信号漏洩
  • 無線スペクトラムを管轄、規制を実施する政府機関
オプション

ハードウェア オプション

オプション 品名
MS27102A-0706 9 KHz~6 GHz
MS27102A-0402 2ポートRF入力
MS27102A-0404 4ポートRF入力
MS27102A-0406 6ポートRF入力

ビジョン オプション

オプション 品名
MS27102A-0400 ビジョン モニタ
MS27102A-0401 ビジョンロケート(要オプション 400)
MS27102A-0407 ビジョンハイスピードポートスキャナ
MS27102A-0479 AM/FM 復調
MS27102A-0485 スペクトラム占有(要オプション0400)
MS27102A-0486 カバレッジマッピング(要オプション0407)
はじめに

イーサネットネットワークを使用したリモートスペクトラムモニタへの接続

MS27102Aとの通信は、機器にあるギガビットイーサネットポート経由で行われます。DHCPを使用してIPアドレスを動的に取得するか、静的IPアドレスを設定するかを選択できます。出荷時、機器には静的アドレス10.0.0.2がデフォルト設定されています。機器への接続がラップトップ/PC経由で行われる場合、Webブラウザ上に表示されるユーザーインターフェイスを介して、IPタイプを変更できます。

DHCPの使用に備え、アンリツは、ネットワークに接続されているすべてのスペクトラムモニタを照会するイーサネットディスカバリプログラムを提供しています。イーサネットディスカバリプログラムは、アンリツのWebサイトにあります。

ユーザによっては、スペクトラムモニタのホスト名をその動的IPアドレスにする、ドメインネームサーバ(DNS)の使用が好まれます。DNSサーバには、ホスト名を作成する機能があります。たとえば、「mymonitor1.org」や「spectrum1.net」などのホスト名を作成できます。無料で利用できるDNSサービスがいくつかあります。このようなサービスの中で、アンリツはwww.no-ip.comを使用しています。ユーザは、アカウントを作成し、機器のホスト名を選択する必要があります。

イーサネット接続の詳細は、「Remote Spectrum Monitors MS2710xA Configuration Quick Start Guide」を参照してください。

ライブラリ
ビデオ
Using Vision Monitor Option 400 to Generate Automatic Alerts When Suspicious Signals Are Detected

Using Vision Monitor Option 400 to Generate Automatic Alerts When Suspicious Signals Are Detected
Using Vision Monitor Option 400 to Generate Automatic Alerts When Suspicious Signals Are Detected

Demonstration for Using Markers with the Vision High-Speed Port Scanner

Demonstration for Using Markers with the Vision High-Speed Port Scanner
This video highlights the method for using markers in the Vision high-speed port scanner option 407

無線モニタリングの市場動向と、アンリツの電波監視ソリューション

無線モニタリングの市場動向と、アンリツの電波監視ソリューション
このビデオでは、無線モニタリングの市場動向と、アンリツの電波監視ソリューションについて紹介します。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.