Skip to main content

テクトロニクスとアンリツが協業し、PCI Express®5.0の試験システムを構築

2021/02/26

mp1900a-signalqualityanalyzer

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、テクトロニクスと協業し、PCI Express®(PCIe®)5.0[※1]の試験自動化ソリューションの提供を開始します。

本ソリューションは、アンリツのシグナル クオリティ アナライザ-R MP1900Aシリーズと、テクトロニクスのDPO70000SXシリーズ70 GHzリアルタイムオシロスコープ、同社のオートメーションソフトウェアを統合した試験システムにより構成されます。

PCI Express(PCIe)5.0の電気的特性試験や物理層のプロトコル解析、送信機・受信機およびリンク・イコライゼーションの試験を自動で行えるオールインワン・ソリューションにより、高速IC、デバイス、ネットワークの開発効率化に貢献します。

背景

5G(第5世代通信システム)は、「超高速大容量(eMBB)」「高信頼・低遅延(URLLC)」「多数同時接続(mMTC)」といった様々な要求条件に対応できるネットワークとして検討が進んでいます。

一方、これらの技術革新の基幹となるデータセンタも、高速大容量のデータを処理する必要性がますます高まっています。これにともない、データセンタを構築する伝送装置、サーバ、ストレージなどの内部インタフェースとして導入されているPCI Expressは、PCIe 5.0が規格化されコンプライアンステスト[※2]が2021年に計画されています。

テストソリューションの概要

アンリツとテクトロニクスのソリューションは、PCI Express 5.0(PCIe Gen5)の要求仕様に適応したエンドツーエンドソリューションをいち早く構築することができます。本ソリューションにより、コンプライアンステスト項目のTransmitter Test、Receiver Jitter Tolerance Test、Tx/Rx LEQ[※3]の自動測定が可能になります。

20210224-tek-mp1900a-figure
*テストソリューションの構成図

  • 設計検証時間の短縮:イベントトリガによる解析機能や高速キャリブレーションアルゴリズムを備えたAutomation softにより波形校正、検証時間の短縮が可能(BERT/Scope)
  • 投資コスト低減:同一ハードウェアでPCI Express 5.0まで対応。最小投資によるPCI Express 6.0へ拡張(BERT)

MP1900Aシリーズ シグナル クオリティ アナライザ-Rの特長

シグナル クオリティ アナライザ-R MP1900Aシリーズは、200G/400G/800G Ethernetなどの次世代ネットワークインターフェースとPCI Express 4.0/5.0、USB3.2/4、Thunderboltなどの高速バスインターフェースの設計・検証で必要とされるマルチチャネルBER測定器です。

業界最高レベルとなる高品質波形(低残留ジッタ115 fs rms)のパルスパターン発生器と高感度(15mV)のエラー検出器、高精度のジッタ発生源(SJ、RJ、SSC、BUJ)、CM-I/DM-I/ホワイトノイズの発生源を搭載しています。Link Training機能、LTSSM[※4]解析に対応し、コンプライアンステスト、マージンテスト、トラブルシュートなど多岐にわたる用途で活用できます。

またデータセンタ内の200G/400G/800G Ethernetなどで使用される光モジュール、SERDESなどのPAM4[※5]評価にも対応しており、PCI-SIG®[※6]で規格の策定が開始されているPCI Express 6.0(PAM4 32Gbaud)とHigh speed Ethernet向けのデバイス評価をカバーし、様々な次世代インタフェース導入に向けたサポートと設備投資抑制に貢献いたします。

MP1900Aについてもっと詳しく

アンリツMP1900A/テクトロニクステストソリューションはこちらから

DPO70000SXシリーズ70GHzリアルタイムオシロスコープの特長

DPO70000SXシリーズ70GHzリアルタイムオシロスコープは、アンリツのシグナル クオリティ アナライザ-R MP1900A(BERT)と連動して、PCI Express 5.0(32 GT/s)Base&CEM[※7]トランシーバーソリューションを自動化します。

テクトロニクスの新しいレシーバテストオートメーションソフトウェアは、32GT/sと16GT/sのストレスアイを最適なアルゴリズムで校正し、PCI-SIGから提供される先端サポート解析ツールSigTest Phoenixと高度に並列化された処理によってテスト時間の短縮に貢献します。

また複数のフォームファクタ(M.2 および U.2)およびクロッキング アーキテクチャ(CC、SRNS、SRIS)に対応し、A/D範囲最適化と低ノイズによりPCIe Express 5.0 Baseスペックの32GT/s無相関ジッタ、パルス幅ジッタ測定に対応します。

DPO70000SXシリーズについてもっと詳しく

対象市場・用途

対象市場
ハイエンドサーバ、ハイパフォーマンスコンピュータ、通信機器
用途
高速電子デバイス、チップセット、メモリカード、グラフィックカードなどの研究・開発

用語解説

[※1] PCI Express® 5.0
コンピュータと周辺機器を接続するためのバス規格の一つ。伝送速度により、Gen1からGen5まで規格化されている。
[※2] コンプライアンステスト
PCI-SIGが制定したテスト方法、合否判定基準により認証を得るために実施されるテスト。
[※3] Tx/Rx LEQ
Transmitter/Receiver Link Equalizationの略。コンプライアンステストとして規定された電気的試験項目のうち、トランスミッタ、レシーバのイコライザ特性評価とレシーバのジッタ耐力テストの総称。
[※4] LTSSM
Link Training Status State Machineの略。PCI Expressでリンク状態を管理するための機構。
[※5] PAM4
PAMはPulse Amplitude Modulationの略。電圧の振幅(パルスの高さ)を変化させて制御する伝送方式。PAM4では、1タイムスロットの中に4レベルで2ビットの情報を伝達できる。
[※6] PCI-SIG®
PCI-SIGは、PCIの規格を業界のオープンな規格として管理、運用する業界団体。組織はメンバーのニーズに合致した業界標準のI/O(Input/Output)規格を策定する。現在PCI-SIGは、800近くの業界トップの企業をメンバーとしている。PCI-SIGの詳細な情報やボードメンバーについては、ウェブサイト:www.pcisig.comを参照。PCI ExpressはPCI-SIGの登録商標。
[※7] CEM
Card Electromechanicalの略。PCI-SIGで制定され、カード、マザーボードの電気的、機械的仕様を定めた規格。

関連リンク

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.