Skip to main content
MENU

世界初116Gbit/s PAM4エラーディテクタをCIOE、ECOCに出展
業界最高PAM4受信感度を実現

2019/08/28

Signal Quality Analyzer-R MP1900A

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、最大116Gbit/sのビットエラーレートテスト[※1]をサポートする、世界初のPAM4[※2]エラーディテクタ(Error Detector; ED)をCIOE 2019(China International Optoelectronic Exposition, 9/4~7 中国, 深セン)およびECOC Exhibition 2019(9/23~25 アイルランド, ダブリン)に出展いたします。

本製品は、アンリツのシグナル クオリティ アナライザ-R MP1900AシリーズPAM4 BERTの最新モジュールで、業界最高レベルの動作ビットレートと受信感度性能を実現します。

すでに商品化されているMP1900AのPAM4パターン発生器と組み合わせて、より精度の高いPAM4信号のBER測定を行えます。

背景

次世代5Gモバイル通信やクラウド通信サービスの普及により、データ通信トラフィックのさらなる増大が予想されています。それにともない、高速・大容量通信を支えるデータセンタでは、53.125 Gbaud PAM4 x 4レーン方式を用いる400GbE[※3]通信規格や、さらに将来は8レーン化による800GbE[※4]への高速化が検討されています。

4値の振幅レベルで情報を表すPAM4方式では、2値で表すNRZ[※5]方式に対して信号レベル間の差は1/3となるため、信号品質を評価する測定器には従来よりも高感度な入力性能が求められます。また、高速化にともない、プリント板やケーブル・コンポーネントなども含めた伝送路損失による測定結果への影響は無視できないほど大きくなります。測定対象の真の性能を評価するため、感度や帯域などの基本性能はもちろん、クロックリカバリ[※6]イコライザ[※7]など、損失影響を補償するための機能を高度に統合したソリューションが求められています。

そこでアンリツは、PAM4 BER測定器で業界最高レベルの高感度性能を実現し、クロックリカバリ、イコライザ機能を内蔵したエラーディテクタを開発しました。

開発商品の概要

シグナル クオリティ アナライザ-R MP1900Aは、高度な信号発生と信号性能の解析をサポートし、400Gを超える通信速度に向けた、市場をリードするビットエラーレートテスタです。

今回出展するPAM4 EDモジュールは、オリジナルInP[※8]半導体技術を用いた受信回路により、58 Gbaud PAM4入力に対応、Typ. 50mVの感度性能を実現しました。さらに、クロックリカバリ・イコライザ機能を内蔵し、動作上限・感度性能や、伝送路損失の影響によって、これまでできなかったBER測定結果の妥当性検証をサポートします。これにより、光トランシーバモジュールやデバイスの真の実力や、スペックに対するマージンを、より正確に検証することができるようになります。

MP1900A PAM4 BERT既存商品についてはこちら

対象市場・用途

対象市場
400GbE通信機器・デバイスメーカー
用途
400GbE通信機器・デバイスのビットエラーレート評価

用語解説

[※1] ビットエラーレートテスト
デジタル信号の誤り率テスト。
[※2] PAM4
PAM(Pulse Amplitude Modulation)は、電圧の振幅(パルスの高さ)を変化させて制御する伝送方式。PAM4では、1タイムスロットの中に4レベルで2ビットの情報を伝達できる。
[※3] 400GbE
IEEEで審議、検討されている通信規格。
[※4] 800GbE
IEEEで審議、検討されている通信規格。
[※5] NRZ
Non-Return-to-Zeroの略。デジタル信号の表現方法の一つ。
[※6] クロックリカバリ
デジタル伝送で用いられる技術の一つで、クロックが重畳されているデータ信号を受信し、クロックだけを抽出する機能。
[※7] イコライザ
伝送信号の周波数特性を最適化するために、データ伝送で使われるシグナルコンディショニング(信号調整)技術の一つ。
[※8] InP
リン化インジウム。化合物半導体の一つ。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.