Skip to main content
MENU

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2019に出展

2019/05/16
Your 5G Partner

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、2019年5月29日から5月31日まで東京ビッグサイトにて開催される、ワイヤレス・テクノロジー・パーク2019に出展いたします。

出展の背景

5Gでは、IoTや自動車、産業分野やスマートホームといった新しい分野に通信が浸透していきます。すでに、自動車業界においては自動運転、コネクテッドカーの開発が加速しています。また、セキュリティ・防犯、建設、エンターテイメント、農業などでも、実用化に向けた検証実験が始まっています。

アンリツは、長年培ってきた通信計測技術で、5Gの早期実用化を支えています。

本展示会では、5Gシステムの開発・製造、通信ネットワークの構築、モバイル機器や電子デバイスの開発・製造など、5Gのあらゆるビジネスフェーズで、お客さまをサポートするテストソリューションをご紹介します。

出展概要

アンリツ(西3ホール、小間番号1534)は、5G/IoTを支えるテストソリューションを実機展示します。さらに、特設パビリオンで開催される、株式会社NTTドコモ様の企画による5G専門イベント「5G Tokyo Bay Summit®2019」にも参加し、テストソリューションを展示します。

展示ソリューション

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2019 アンリツブース

  1. 5G NR[※1]端末の機能評価
    ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000A[新製品]、シールドボックス MA8161A[新製品]
  2. 5G NR Sub 6G基地局の送信評価
    シグナルアナライザ MS2850A、NR TDD sub-6GHz ダウンリンク/アップリンク MX285051A-011/MX285051A-061
  3. 5G NRフィールド測定
    フィールドマスタ プロ MS2090A[新製品]
  4. 5G回線の低遅延評価
    ネットワークマスタ プロ MT1000A
  5. 5Gに対応するパッシブ測定のスタンダードVNA
    ベクトルネットワークアナライザ ShockLineシリーズ
  6. 無線LAN機器のRF[※2]送受信評価
    ワイヤレスコネクティビティテストセット MT8862A
  7. ミリ波対応超小型スペクトラムアナライザ
    スペクトラムマスタ MS2760A
  8. IoTネットワークの電波監視
    リモートスペクトラムモニタ MS27101A/MS27102A/MS27103A

5G Tokyo Bay Summit®2019 アンリツブース

  1. 5G NR端末の送受信特性評価
    ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000A[新製品]
  2. 5G NRフィールド測定
    フィールドマスタ プロ MS2090A[新製品]
  3. 5G回線の低遅延評価
    ネットワークマスタ プロ MT1000A

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2019のアンリツブースについて詳しくはこちら

用語解説

[※1] 5G NR
第5世代移動通信システム(5G New Radio)の略。
[※2] RF
Radio Frequencyの略。無線周波数。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.