Skip to main content

ワイヤレス コネクティビティ テスト ソリューション︓開発から製造まで

ワイヤレス コネクティビティ技術(無線通信)は自動運転車やコネクティッドカーに新たな性能と機能をもたらします。セルラ(5G/LTE-A/LTE/3G/2G)、無線LAN(802.11p)、Bluetoothなど、さまざまな無線通信技術が車への普及が進んでおり、5G通信を活用した新たなサービスや、OTA(Over The Air)による機能更新や遠隔診断の早期実現が期待されています。

⼀⽅、車に複数の無線通信技術を搭載したため通信環境が複雑になり、車載通信システムの安全性を確保するための機能/性能/相互運用性の検証はより重要になってきます。テストの複雑さとそのコストが急増するなか、自動車メーカや部品サプライヤは今までよりも迅速かつプロフェショナルな無線通信テストのサポートが必要と考えられます。

アンリツは、5G測定をリードする通信テストプロバイダとして、自動車業界のお客様に幅広いワイヤレス コネクティビティ テスト ソリューションを提供しています。車載通信システムの開発から製造まで、すべての段階に対応し、業界最新仕様を満たしていることを検証できます。自動運転車とコネクティッドカーの早期商品化に貢献します。

無線測定ソリューション

5Gコネクティビティ

高度なコネクティッドカーや自動運転車の開発には、5Gネットワークの環境が必要です。コネクティッドカーや自動運転車のRF/プロトロル/アプリケーション層が3GPPの最新規格に準拠しているかを、効率的に検証する必要があります。

テレマティクス評価ソリューション

テレマティクスシステムの開発エンジニアは、日々進化する無線通信技術への対応に迫られ、その開発・評価作業の負担は増すばかりです。
テレマティクスシステムの開発・評価に効率化・省力化できるソリューションをどうぞ。

eCall/ERA-GLOANSS

eCallはEUの車両緊急通報システムです。2018年3月31日からEUで販売された新型車には、eCallの装備が義務化されました。人命にかかわることから、eCallシステム全体のパフォーマンスを保証することが大変重要です。IVS(In-Vehicle System)の開発者は、IVSのパフォーマンスと機能が2G/3GまたはLTEネットワーク環境の認証要件を満たしているかどうかをテストする必要があります。
ロシアでも、eCallと類似した「ERA-GLONASS」が導入されています。

eSIM OTAソリューション

自動車市場においてSIMカードを差し替える必要のないeSIMが注目されています。eSIMプロビジョニングには高度な技術が要求されるため、試験を義務付けられる国もあります。例えばロシアでは、GOST 33470のChapter 9でeSIM OTAテストが規定されて、2019年1月から試験の実施が義務化されています。

サイバーセキュリティソリューション

コネクティッドカーがネットワークにつながり利便性が高まった一方、サイバー攻撃に対するセキュリティ面での問題が顕在化しており、自動車のセキュリティ脆弱性評価が重要性を増しています。

Solution

無線環境下の車載器音響評価

通信機能を搭載した自動車が増え、ハンズフリーに代表される「通話」機能が一般化し、携帯電話と同様の音声品質が必須になります。また、周辺機器とIVS間の経路が複雑になり、遅延に関わる問題が顕在化。音響品質の評価が非常に重要となります。

アンリツは、シグナリングテスタ MD8475A/Bと、音響評価のリーディングカンパニーであるHEAD acoustics社のACQUAを組み合わせ、実際の環境を再現した構成の音響評価ソリューションを提供します。

車内無線LAN特性評価

車に搭載された無線LAN機器が安定した通信を実現するためには、無線LANモジュール単体の性能評価だけでは不十分です。ワイヤレスコネクティビティテストセットMT8862Aは、IEEE802.11b/g/a/n/ac(2.4 GHz、5 GHz)に対応し、無線LAN機器と実際の使用環境で通信しながら送信&受信特性を定量的に評価できます。

Bluetooth SIG認証RF試験

Bluetoothテクノロジーは車載インフォテイメントシステムにおいては、ハンズフリー通話・音楽再生などの目的で、主にスマートフォンと接続する際に利用されています。この技術はBluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)によって規格化され、テストケースも同様に定義されています。Bluetoothテストセット MT8852BはBluetooth SIG認証RF試験をサポートし、製品開発から製造試験まで幅広く使用されています。

  • ハンズフリー通話・音楽再生等で使用されているBasic Rate/Enhanced data rateのRF試験をサポート
  • キーレスエントリー他で使用されているBluetooth Low EnergyのRF試験をサポート
  • 無線LANなどの干渉信号の影響を受けたチャネルを制限するAdaptive Frequency Hopping(AFH)機能の検証をサポート

ダイナミックマップ通信評価環境

ダイナミックマップの運用のための通信形態として、セルラネットワークと無線LANが考えられています。シグナリングテスタMD8475Bは、セルラネットワークを疑似できるだけでなく、Wi-Fiのアクセスポイントを併用することにより、ダイナミックマップを更新する際に想定されるさまざまな通信状況の変化や異常などもシミュレートできます。

 

 

関連ビデオ

オートモーティブテストソリューション

 

関連製品

ラジオコミュニケーションテストステーション MT8000A

ラジオコミュニケーションテストステーション MT8000AMT8000Aは、サブ6 GHz帯とミリ波帯のRF試験とプロトコル試験を1台でサポートする5G疑似基地局です。OTA Chamberと組み合わせることで、3GPPで規定された呼接続によるミリ波帯のRF測定や、ビームフォーミング試験まで網羅できます。既存のLTE試験環境を活用可能。5G-LTEのNSA(non-Standalone)試験環境をスムーズに構築できます。自動運転の開発環境構築に適しています。

もっと詳しく

シグナリングアナライザ(基地局シミュレータ) MD8475B

シグナリングアナライザ(基地局シミュレータ) MD8475BMD8475Bは、LTE-A/LTEなどをサポートするオールインワンの基地局シミュレータです。使いやすいGUIベースのソフトウェアであるSmartStudioと、GUI の自動制御のために用意されたテストシーケンスにより、試験環境設定に必要な時間が大幅に削減されます。それらの機能により、テレマティクス制御ユニット(TCU)やデータ通信モジュールの試験を簡単、迅速、確実に実施できるようになります。

もっと詳しく

ラジオコミュニケーションアナライザ MT8821C

ラジオコミュニケーションアナライザ MT8821CMT8821C は、テレマティクスシステムに使用されている2G/3G/LTE/LTE-Aのセルラ通信方式を1台でカバーするオールインワンのラジオ コミュニケーション アナライザです。RF送受信性能測定のためのハイエンドモデルで、5CC 4x4 MIMOの試験を行えます。広いダイナミックレンジを有しており、OTA試験中の予期せぬ試験中断を避けることができ、安定してOTA試験結果を得ることができます。

もっと詳しく

ユニバーサルワイヤレステストセット MT8870A

ユニバーサルワイヤレステストセット MT8870AMT8870Aは、携帯電話(2G/3G/LTE/LTEAdvanced)、V2x(IEEE802.11p)、無線LAN、 Bluetooth、ZigBee、全球測位衛星システム(GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo)、放送(FM ラジオ、DVB、ISDB-T)などの各種無線規格の量産工程における試験に適したソリューションです。キャリブレーション、ベリフィケーションにおいて世界最速クラスの高速測定が可能です。多くの大手スマートフォンメーカで主力試験機器に採用されており、その性能と安定性、対応無線方式の豊富さに高い評価を得ています。

もっと詳しく

ワイヤレスコネクティビティテストセット MT8862A

ワイヤレスコネクティビティテストセット MT8862AMT8862Aは「完成品状態」および「実使用環境」での定量的な無線特性データ取得を支援する無線LAN測定器です。

  • 実運用時と同様の接続手順で測定可能
  • DUT制御は不要
  • IEEE802.11a/b/g/n/ac/axについてアクセスポイント、ステーションのどちらにも接続可能
  • セキュリティをOFFできない製品も、セキュリティを使用した状態で接続、測定可能
  • 問題切り分けのためのログが取得可能
もっと詳しく

Bluetooth テストセット MT8852B

Bluetooth テストセット MT8852BMT8852Bは、Bluetooth SIG RF Test Specificationsに規定されている試験手順に対応しており、Bluetoothチップセットや機器の開発や製造において必要とされるBR、EDR、Bluetooth Low Energy、Bluetooth Audioなど各種の測定が行えます。
開発用途に適したPCアプリケーションソフトウェアを標準で添付しているため、テストパケットをグラフィカルに表示できるとともに、テストリミットに対する合否の自動判定が可能で、開発や試作段階における障害の原因特定が容易に行えます。

もっと詳しく
Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.