Skip to main content
MENU
X線検査機 デュアルエナジセンサ搭載モデル - X-ray Inspection System Dual Energy Sensor Dual X

X線検査機

デュアルエナジーセンサ搭載モデル
この製品は製造中止となっております。

デュアルエナジーセンサの仕組みと特徴

検査品や異物は、その物性によってX線の透過率が異なり、高エネルギーのX線で得られる透過画像と、低エネルギーで得られる透過画像は異なります。

X線エネルギーと減弱係数

X線異物検出機で発生させたX線は、エネルギー帯が集中しているわけではなく、低エネルギーから高エネルギーまで分布しています。
デュアルエナジーセンサは、高エネルギーの透過画像と低エネルギーの透過画像を同時に得ることが可能な、特殊なセンサです。

デュアルエナジーセンサ

高/低2種類のエネルギー帯で得られた透過画像の差分を取ることにより、変化のない部分が差し引かれ、異物だけが明確化します。

差分を取ることにより、異物だけが明確化

そのため、デュアルエナジーセンサ搭載型のX線異物検出機には、次のような特長があります。
(1)異物と異物でない部分の差異が少ないものでも、異物として検出することが可能。
(2)重なりのある検査品でも、その影響を受けにくい。

デュアルエナジーセンサによるX線画像

製品概要

X線を2種類のセンサで測定することで、異物を鮮明に検出。
鶏肉の残骨も逃さず、重なりや凹凸があっても高感度検出が可能です。

  • 検査品:ドライ商品、ウェット商品
  • 保護等級:IP66
  • X線出力:中(最高210W)/高(最高350W)
  • ラインナップ:食肉(特に鶏肉)と肉加工品の骨検出に有効
サイズバリエーション

検査品に応じて、様々な機種をラインナップしています。検査可能範囲等、詳細はお問い合わせください。

形名
検査可能範囲
KD7416AWZE/ADWDE
検査可能範囲 - Detection Areas
KD7416ACWZE
検査可能範囲 - Detection Areas
KD7416DWZ
検査可能範囲 - Detection Areas
外観図

【モデル例】 通過幅:390㎜、通過高さ:150㎜ (KD7416DWZ)

外観図
規格
形名
KD7416DWZ
X線出力
管電圧25 ~ 80 kV、管電流0.4 ~ 10.0 mA、出力7.5 ~ 350 W
安全性
漏洩X 線量1μ Sv/h 以下 安全装置によるX 線漏洩防止
表示方式
15 インチカラーTFT 液晶(X 線透過画像表示画面と操作画面が一体)
操作方式
タッチパネル(タッチブザー付)
被検査品寸法注1・注2
最大幅390 mm、最大高さ150 mm
ベルト幅
420 mm
マスキング機能
標準仕様
欠品検出機能
標準仕様
クリップチェック機能
標準仕様
品種数
最大100 品種
ベルト速度注注3/搬送能力注4
5~60 m/min 最大 5 kg
5~40 m/min 最大 10 kg(オプション)
電源・消費電力注5 ・注6・注7
AC100 ~ 120 V またはAC200 ~ 240 V、単相、50/60 Hz、1.0 kVA、突入電流80 A(typ)(5ms 以下)
質量
280 kg
使用環境注6
0 ~ 35℃(オプションのエアコン搭載時0 ~ 40℃) 相対湿度30 ~ 85%、ただし結露しないこと
保護等級
IP66 準拠(コンベア部のみ、その他はIP40 準拠)、ベルトはワンタッチ着脱可能
外装
ステンレススチール(SUS304)
注1)検査可能範囲は、上図によります。 注2)被検査品の長さにより、入口、出口部分にカバーが必要になる場合があります。 注3)品種ごとに速度可変が可能です。 注4)コンベア上の被検査品の総質量。 注5)使用される電 圧は端子切り替えになります。また、表記の突入電流値はAC200 V の場合です。使用される電圧によって異なります。注6)許容電圧変動範囲は± 10%以内です。 注7)オプションのエアコン搭載時は、消費電力が上記と異なります。 注8)使用環境によっては、エアコンが必要となることがあります。 注)本機の騒音レベルは、70 dB(A)を超えません。
ライブラリ
画像
ビデオ
03-010-JP-02

デュアルエナジー搭載X線異物検出機 KD7416DWZ
デュアルエナジーセンサー搭載のⅩ線検査機は骨の検出や、折り重なって包装されている商品の異物検査に最適です。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。