Skip to main content
MENU

検査項目から探す

ソリューションサーチ - Solution Search

検査項目から探す > │ 検査機から探す > │ 検査品から探す >


アンリツの検査機では、基本機能である異物混入検査や質量検査に加えて、商品の割れや欠け、欠品、噛み込みなど、さまざまな検査が行えます。これらの組み合わせによって、よりレベルの高い、多面的な品質管理ができます。

主な検査項目と対応する検査機

検査項目 対応する検査機  
X線検査機
X線検査機
金属検出機
金属検出機
重量選別機
重量選別機
異物の混入
金属(鉄、ステンレスなど)
   
金属以外(石、骨、プラスチックなど)
     
質量の過不足
     
内容物の欠品
商品の形状(割れ・欠けなど)
   
シールパッケージへの商品の噛み込み
   
添付文書(磁気印刷)の封入漏れ
   
説明

欠品検査

相対質量、個数検査、領域欠品の複数機能により、多様な製品の欠品を検査します。※fシリーズはオプション

内容量が個数で表示される商品で、中身の1個あたりの質量のばらつきが大きく、1箱全体の質量では判定が難ししい欠品も検査できます。

Virtual Weighing

Example of cupcakes  
【12個入りカップケーキの例】
1個あたり20±2グラムの場合、22グラム×11個でも242グラムとなり、全体量としては良品だが1個の欠品となる。

形状検査

X線透過画像から、外形や面積、質量などを解析。異形や割れ・欠けなどの形状不良を検査します。パンやクッキーなどのクリーム抜けも検査できます。

左:ビスケットの欠け、右:ソーセージの欠け
左:ビスケットの欠け、右:ソーセージの欠け


かみこみ検査

スライスハムやシップ薬などのパッケージにおいて、内容物がシール部分に噛み込んでいないかを検査します。

シール部分にハムが噛み込んだ例
シール部分にハムが噛み込んだ例


添付文書の封入検査

能書などに磁気印刷を用いることで、封入もれだけでなく、重複もチェック可能。封入もれや2枚封入による煩雑な再検品作業をなくします。

添付文書の封入検査
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。