Skip to main content
MENU

MX702910A 特長

ネットワークテスト環境を1台のPC上で実現

MX702910A

試験用の基本サービスを標準実装

一般的なIPによる通信手段では、メッセージ交換やデータ伝送などのアプリケーション通信に先立ち、ARP、ICMP、DHCP、DNS等による問い合わせシーケンスが実行されます。

本ソフトウェアは、これらの問い合わせシーケンスに対して応答を行う、ARP、ICMP、ICMPv6、DHCP、DHCPv6、DNSなどの基本サービスを標準実装しており、簡単な操作で試験環境に応じた動作を設定・実行することができます。さらに、試験環境ならではの特殊な設定・動作を行うことも可能です。

試験用の基本サービスを標準実装

シナリオ作成・実行による試験実施

アプリケーションやプロトコルの挙動をテストシナリオとして定義し、これを実行する事により、実機では実現が困難な動作・状態を意図的に発生することが出来ます。複数のシナリオを非同期で同時に実行することも可能です。

シナリオ作成・実行による試験実施

基本シナリオパッケージ

下表に示すシナリオを標準添付します。

ARP送信 任意のARPリクエストを送信 ARP(RFC 826)
ARP応答 ARPリクエストに対する応答
NTPサーバ NTPクライアントからのリクエストに対する応答 UDP(RFC 768)
NTP(RFC 1305)
NTPクライアント NTPサーバに対するリクエストの送信とその応答の受信
Echoサーバ TCP Echoリクエストに対する応答 TPC(RFC 793)
ECHO(RFC 862)
Echoクライアント TCP Echoリクエストの送信とその応答の受信
HTTPサーバ HTTPクライアントからのGETリクエストに対する応答 TCP(RFC 793)
HTTP(RFC 2616)
HTTPクライアント HTTPサーバに対するリクエストの応答
Proxyサーバ 簡易的なHTTP Proxyサーバ TCP(RFCD 793)
ライブラリ使用例 シナリオライブラリの使用例を紹介したサンプルシナリオ

連続試験実行機能による試験の効率化

連続試験実行機能により、IPv4ネットワークの接続試験、IPv6ネットワークの接続試験など異なるネットワーク構成の試験を連続で実行し、試験を効率よく実施することが可能です。

連続試験実行機能による試験の効率化

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.