Skip to main content
MENU

MX702910A 適用事例

ネットワークテスト環境を1台のPC上で実現

MX702910A

事例1:ホームルータの試験環境としてMX702910Aを適用

IP通信網側のサーバ機器(PPPoE/DNS/HTTP/SIP)と端末機器で構成する試験ネットワーク環境を1台のPCで実現。

課題

実機を用いて試験環境を構築しているため、設定作業や操作に手間がかかっている。LANケーブル配線が煩雑、また数多くの機器を配置するだけのスペースがない。

導入効果

最低限の設定・操作のみで試験を実行することが可能となり、試験時間を短縮できます。1台のPCで試験ネットワークを構築するこが可能となり、煩雑だった機器設置、LANケーブル配線などの作業が不要となります。

ホームルータの障害切り分け

事例2:遠隔監視システムの試験環境としてMX702910Aを適用

複数台の中継装置で構成した試験ネットワークを1台のPCで実現。

課題

負荷を掛けた状態で通信機能の検証を行いたいが、物理的に数多くの中継装置を調達することができない。複数装置から例外アクセスされるなど、様々なテストケースを検証したいが実現手段・環境がない。

導入効果

1台のPCで試験ネットワークを構築するこが可能となり、大規模な試験ネットワーク環境を省スペース、低コストで構築できます。センターサーバのマルチスレッド動作など準正常・異常系の検証が実施でき、品質を向上できます。

遠隔監視端末のエミュレーション

事例3:ルータの機能試験環境としてMX702910Aを適用

ルータを通過するDHCP/DNS/HTTP/NTPなどの様々なトラフィックを1台のPCで生成。

課題

様々なトラフィックを発生させて評価を行いたいが、プロトコル毎に装置を調達・設定する必要があり面倒である。実機では異常なトラフィックを生成することが困難であり、実現できないテストケースが存在している。

導入効果

1台のPCで複数のプロトコルに対応したトラフィックを発生させることができたため、省スペース、低コストで試験環境が構築できます。通信パケットのビット異常を発生させるなど、これまで実現できていなかった例外試験が実現でき、品質を向上できます。

LANスイッチ・ルータの機能試験

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.